ベジタリアンにも、化学調味料も動物性原料も使わない液状の「野菜だし」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



化学調味料無添加、動物性原料不使用の液体だし「野菜だし」を「牛角シリーズ」で有名なフードレーベルが発売します。詳細は以下から。

「牛角キムチ」などの牛角シリーズでよく知られるフードレーベルが8月24日に「化学調味料無添加」と「動物性原料不使用」にこだわった10倍濃縮液体だしの「野菜だし」(500ml入り)を発売します。

日本ではだしというと、やはり鰹だしや煮干しだしといった動物性のだしが日本食を中心によく使われていますし、市販のだしを購入するとほぼ確実に化学調味料が使われています。ですが最近はラーメンでも「無化調」を謳う店が増えてくるなど、化学調味料の入っていない料理を求める人も増えてきており今回の「野菜だし」はかなり注目できそう。

また、日本食の多くは動物性のだしを使っているためベジタリアンには簡単に楽しめないものとなっていますが、動物性原料を使っていないこうしただしの登場によって、より多くの人が手軽に日本食を楽しめることになります。

フードレーベルによると「玉ねぎ、キャベツ、にんじん、にんにく、白菜、セロリといった野菜由来の風味を活かし、煮物やだし巻き玉子のような和風メニューだけでなく、ポトフやピラフといった洋風メニューにもお使いいただけます」とのことで、日本食に留まらない使い方が可能。

外国人観光客が増加の一途を辿り、欧米や世界一のベジタリアン大国であるインドからもベジタリアンの旅行者が多く日本を訪れるようになっています。こうしたコンセプトは国内はもちろん、海外からの観光客へもアピールすることになりそうです。

牛角 やみつき塩キャベツたれ 210g
フードレーベル
売り上げランキング: 27,918

ベジタリアン・パーフェクト・ブック 作る人のための
庄司 いずみ
講談社
売り上げランキング: 68,348

・関連記事
超ヘルシーで「ベーコン味」の海藻が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

ビル・ゲイツも全力支援、完全植物性の人工タマゴがアメリカのスーパーで販売開始 | BUZZAP!(バザップ!)

ベジタリアンは肉食者よりも不健康で不幸であるという衝撃的な研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

【お待ちかねの実食編】コオロギからゴキブリまで昆虫食の未来を見通し、そして美味しく食べる「関西虫食いフェスティバル」を体験してきました【昆虫料理画像多数!】 | BUZZAP!(バザップ!)

【講演編】コオロギからゴキブリまで昆虫食の未来を見通し、美味しく食べる「関西虫食いフェスティバル」を体験してきました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加