クライアントの役割は?とある「デザイン価格表」がクリエイターあるある過ぎると話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



何かをデザインする時、クライアントとの関わりは常に大きな問題。そんなあるあるを鋭く付いた「デザイン価格表」が話題になっています。

広告やデザイン関連の情報サイトDigital Synopsisが作成、掲載したデザイン価格表がクリエイターあるあるであるとして話題になっています。

各種デザイナーやクリエイターが仕事をする時、クライアントとの関わりは非常に重要です。どのようにクライアントの意見を取り入れてデザインを完成させてゆくのか、頭や胃を痛くしながら頑張っている人も少なくないはず。

この表ではデザイナーであるIとクライアントのYouの関わり方で値段が変わっていくのを見ることができます。あなたはこの価格表、適正価格だと思いますか?


これを見て思い出すのは東京オリンピックの東京観光ボランティアのユニフォーム。普段の作風との違いを指摘する人も多かったのですが、どれだけクライアントの東京都からの「アドバイス」や「ヘルプ」が入ってしまったのでしょうか?

タマキフジエのデザインした東京都観光ボランティアのユニフォームがあり得ないほど酷い上に普段の作風と違いすぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)


もちろんお金を払うクライアントとしても要求はあるでしょう。ですが、時にそれが却って事態を複雑にしてしまう可能性も考えておいた方がよさそうです。

How To Charge Clients For Design Work

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール
高橋 佑磨 片山 なつ
技術評論社
売り上げランキング: 606

・関連記事
タマキフジエのデザインした東京都観光ボランティアのユニフォームがあり得ないほど酷い上に普段の作風と違いすぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

迷走を続ける新国立競技場問題がさらにカオスに、ザハ案白紙撤回も「強行採決での支持率低下対策」との批判 | BUZZAP!(バザップ!)

「#新国立競技場クソコラグランプリ」が開催され、怒りや皮肉に溢れた金メダル級の作品が続々投下される | BUZZAP!(バザップ!)

五輪エンブレム問題で組織委・審査委は責任逃れで「国民の理解」のせいに、佐野研二郎氏には苛烈なネットリンチ | BUZZAP!(バザップ!)

ついに東京五輪のエンブレムが使用中止に、盗作疑惑の佐野研二郎氏が画像無断転用を認める | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加