iPhone 6s/6s PlusはLTE/WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションに対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



下り最大150Mbpsから、下り最大300Mbpsの4G通信に対応したiPhone 6s/6s Plusですが、LTEだけでなくWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションにも対応します。詳細は以下から。

KDDIが本日報道陣に明かしたところによると、iPhone 6s/6s Plusは同社が展開する、キャリアアグリゲーションを利用した下り最大225MbpsのLTEだけでなく、同じくキャリアアグリゲーションを利用した下り最大220MbpsのWiMAX 2+にも対応するとのこと。


なお、8月にはUQコミュニケーションズがWiMAX 2+の周波数帯切り替えを大幅に前倒し、9月末には全国エリア化が完成することを告知していましたが、やはりiPhone 6s発表をにらんだものであったようです。

・関連記事
auが毎年最新のiPhoneに機種変更できる「スーパーアップグレードキャンペーン」展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

auが新プラン「スーパーカケホ」発表、国内通話定額が月額1700円に | BUZZAP!(バザップ!)

正式発表されたiPhone 6s/6s Plus、iPad Pro記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

毎年最新のiPhoneを使える「iPhoneアップグレードプログラム」登場、携帯各社の「土管化」さらに進行へ | BUZZAP!(バザップ!)

SIMフリー版iPhone 6s/6s Plusの価格判明、iPhone 6はほぼ値下げ無し | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加