毎年最新のiPhoneを使える「iPhoneアップグレードプログラム」登場、携帯各社の「土管化」さらに進行へ



今までのように2年に1度に機種変更するのではなく、毎年常に新しいiPhoneを使い続けることができる「iPhoneアップグレードプログラム」が提供されることになりました。

ユーザーにとって画期的な内容である一方、携帯各社にとって今まで以上に厳しい内容となっています。詳細は以下から。

Apple公式サイトによると、新たに提供される「iPhoneアップグレードプログラム」はiPhone 6s/6s Plusが対象で、モデルおよび容量に応じて月額32.41ドル~44.91ドルを支払えば、SIMフリー版のiPhoneを好きな携帯電話会社で利用できるようになるというもの。


12ヶ月間所定の金額を支払えば、今利用しているiPhoneを下取りに出して、新たなiPhoneを手に入れることができる(アップグレードプログラムは自動更新)仕組みで、ユーザーは追加料金を支払うことなく、毎年常に最新のiPhoneを使えるわけです。

なお、支払額の中にはApple Care+の料金も含まれており、万が一の破損・水没などにも対応可能。Apple自らが提供するだけあって、至れり尽くせりのサービスです。


auが今年春に始めた18ヶ月で機種変更できる「アップグレードプログラム」よりも期間が短い上、Apple自らがSIMフリーモデルを提供することで、特定の携帯電話会社との長期契約が不要となる点がユーザーにとって大きなメリットとなる「iPhoneアップグレードプログラム」。

もしこのスタイルが広く受け入れられるようなことがあれば、携帯各社は端末の割賦販売を使ってユーザーを囲い込むことができなくなる上、iPhoneに通信回線を提供するだけの「土管化」が進行してしまい、各種サービスなどでの収益化が難しくなるおそれがあります。

現時点ではアメリカの携帯電話会社(Verizon、AT&T、T-mobile、Sprint)が対象の同プログラム。しかし今年5月からSIMロック解除が義務付けられるなど、日本の携帯電話業界も大きく変革しつつあるだけに、国内で実現する可能性はゼロではないのかもしれません。

iPhone Upgrade Program - Apple

・関連記事
iPhone 6s/6s Plus徹底解説、新操作「3D Touch」やカメラ刷新、ゲーム機クラスの処理能力も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6sは9月25日発売、iPad Proや新Apple TVも発表 | BUZZAP!(バザップ!)

SIMフリー版iPhone 6s/6s Plusの価格判明、iPhone 6はほぼ値下げ無し | BUZZAP!(バザップ!)

第6世代の新型iPod touch発表、iPhone 6と同じApple A8や800万画素カメラなどを搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneなどのバッテリー交換対象が50%→80%未満に、「AppleCare+」大幅改定 | BUZZAP!(バザップ!)

次世代iPhoneはディスプレイに有機ELを本格採用か、本体を曲げられる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング