iPhone 6sは9月25日発売、iPad Proや新Apple TVも登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



Appleが発表会でiPhone 6sだけでなく、巨大なiPad「iPad Pro」やゲーム機としても活躍しそうな新型Apple TVなどを発表しました。詳細は以下から。

ティム・クックCEO登壇です。


いきなりApple Watchについてのトーク。バッテリー問題などが取りざたされた同アイテムですが、現時点での顧客満足度は97%に達しています。


Apple Watch向けアプリは1万を突破。Facebook MessengerやGoProも対応します。




アプリはヘルスセンサーなどにもアクセス可能。心拍数などをリアルタイムに計測して表示することもできます。



鼓動の音を録音することも。


Watch OS 2提供にあたって、新たにエルメス製の革バンドも追加。



新色ローズゴールドやPRODUCT REDも追加。Watch OS 2は9月16日から提供開始。



続いてはiPadの話題


iPad Pro!


画面サイズは12.9インチ。フルサイズのキーボードを表示できます。それにしてもでけえええええええ!!



iPad Airの縦サイズがiPad Proの横サイズ。


画面は560万画素。


A9Xプロセッサ搭載でCPUはA8Xより1.8倍(初代iPad比22倍)、GPUも2倍(初代iPad比360倍)に。




4K動画編集可能。スピーカーユニットが4つ搭載されており、リアルな音場を楽しめます。



iPad Airが厚さ6.1mmなのに対し、iPad Proは6.9mm。画面の大きさに対して極薄なのが分かります。


打鍵感にこだわったスマートキーボードも提供。専用のマグネットコネクタを利用します。



利用時はディスプレイのセンサー感度が2倍向上する仕組みによって斜め書きなども検知出来る、感圧式の「Appleペンシル」も提供されます。



おや、マイクロソフトのプレゼンテーションが……


Appleペンシルによって、Microsoft Officeのドキュメントに書き込みができるように。


iOS 9で実現するマルチタスクにも対応し、複数のアプリケーションを同時展開出来ます。


Adobeも登壇。


Appleペンシルを使えば、デザインも簡単になります。



筋肉や骨といった身体の各部位の動きをリアルタイムにレンダリングして、患者に説明出来るようにするソフト「3D4Medical」も、もちろんAppleペンシル対応。iPad Proによって医療シーンも大きく変わります。






iPad Proの性能まとめ。


本体は32GBが799ドル、128GBが949ドル(いずれもWi-Fi)、128GBのセルラー対応モデルが1079ドル。


Appleペンシルは99ドル、スマートキーボードは169ドルで、11月から発売。



さりげなくiPad mini 4を加えて、3サイズ展開に。Airシリーズの新モデルはありません。


Apple TV新モデル。


未来のテレビはアプリが無くては成り立ちません。


4K動画を配信するネットフリックスなどの普及により、求められる水準は上がる一方です。


そこで、ドン。新たなApple TVは動画プレーヤーとしてだけでなく……



据え置きゲーム機としても利用出来ます。PS4やWii U、Xbox Oneなどにとって脅威となりそうです。


映像再生中にSiriを使って調べ物や、天気予報のチェックも可能です。



話しかければ音楽再生も。かなりとんでもないデバイスです。


そんな新Apple TVを支えるのが、tvOS。



ゲーム会社と組んで人気ゲームも続々リリース予定




新Apple TVはApple A8採用で149ドルから。10月後半発売予定。





ようやくiPhone。なんと35%売り上げが伸びたうち、実に75%が中国での販売台数です。


iPhone 6s / 6s Plusにはローズゴールド追加


カラーバリエーションは4色に。


新たな次元のマルチタッチ「3D Touch」を採用。タップ、ピンチ、スワイプに続いて、「ピーク」「ポップ」が追加されます。


アイコンを押せばメニューが出て(ピーク)、押し続ける(ポップ)とそのままアプリの入力画面に。


圧力を感知する「Apple TAPTIC ENGINE」の採用で、3D touchが実現。感圧式→静電容量式へとシフトして久しいスマホのタッチパネルですが、両方のいいとこ取りをした形になります。




iPhone 6s / 6s PlusのプロセッサはApple A9。Apple A8よりCPUは70%、GPUは90%高速化し、据え置き型ゲーム機クラスの処理性能に。


コプロセッサ「Apple M9」は常時起動し、ユーザーの動きを感知・記録します。


Touch IDが第2世代に


カメラが1200万画素に!



「Deep trench isolation」と呼ばれる技術を採用したセンサーにより、よりディティールの細かい写真が撮れるようになりました。



4K動画が撮影・編集可能に



前面カメラも500万画素に


自撮り時に画面が3倍明るく光って被写体をキレイに撮れるようにする「Retina Flash」を採用


カメラについてまとめるとこんな感じになります。


iPhone 6s / 6s Plusは23バンドのLTEに対応し、2倍高速に。Wi-Fiも最大2倍速く(最大866Mbps)なり、なんとAndroidからiPhoneへの移行がスムーズになります。


性能まとめ


お値段は据え置きで、iPhone 6も併売



アメリカでは「iPhoneアップグレードプログラム」が提供決定。月額32ドル(Apple Care+込み)で、SIMフリーモデルを好きなキャリアで利用出来る上、毎年最新機種に乗り換えることができるようになります。


予約開始は9月12日で発売は9月25日、iOS 9は9月16日提供開始です。



iPhone 6S announcement: start time, live blog, and streaming for Apple’s event | The Verge

Live from Apple's iPhone 6S announcement - The Verge

Apple Events - Special Event September 2015 - Apple

・関連記事
iPhone 6s/6s Plus徹底解説、新操作「3D Touch」やカメラ刷新、ゲーム機クラスの処理能力も | BUZZAP!(バザップ!)

SIMフリー版iPhone 6s/6s Plusの価格判明、iPhone 6の値下げはごくわずか | BUZZAP!(バザップ!)

第6世代の新型iPod touch発表、iPhone 6と同じApple A8や800万画素カメラなどを搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneなどのバッテリー交換対象が50%→80%未満に、「AppleCare+」大幅改定 | BUZZAP!(バザップ!)

次世代iPhoneはディスプレイに有機ELを本格採用か、本体を曲げられる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加