お安く提供されるソフトバンクのタブレット「Lenovo TAB2」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモの「dtab」、auの「Qua tab」など、携帯各社がこぞって安価なタブレットをリリースする中、ソフトバンクも2015年冬モデルとして8インチモデルの「Lenovo TAB2」を発表したので、レビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「Lenovo TAB2」。海外で「Lenovo Tab2 A8」として売られているモデルをAXGP対応にしたモデルで、8インチワイドXGA(1280×800)IPS液晶やMediaTekの「MTK8735(1.3GHz×4)」を搭載。廉価版なだけあって、必要最低限のスペックを押さえている印象です。


背面カメラ500万画素、フロントカメラ200万画素と、カメラ周りも至ってシンプル。





そんなLenovo TAB2ですが、特筆すべきはステレオスピーカーを搭載している部分。



各種サウンド設定も充実しており、ヘッドホンでの5.1chバーチャルサラウンド機能を備えるなど、音にこだわったモデルであることが分かります。


実際に触ってみたところはこんな感じ。


なお、価格についてはまだ案内されていませんが、ベースモデルとなった「Lenovo TAB2 A8」LTE対応版の発売時の価格は179ドルだったため、日本でも手ごろな価格となるとみられます。


◆Lenovo TAB2
ディスプレイ:8インチワイドXGA(1280×800)IPS液晶
CPU:MTK 8735(1.3GHz×4)
メモリ:2GB RAM、8GB ROM
背面カメラ:500万画素
フロントカメラ:200万画素
バッテリー容量:4290mAh
OS:Android 5.0
CA:非対応
ネットワーク:(SoftBank 4G LTE)下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps、(SoftBank 4G)下り最大110Mbps、上り最大10Mbps

・関連記事
ソフトバンクの2015年冬~2016年春モデル、発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

新しいサービスはいつもauから、携帯各社「横並び」の戦犯はパクリ続きのソフトバンクとドコモではないのか | BUZZAP!(バザップ!)

大純減のソフトバンクがワイヤレスシティプランニングの契約数を非開示に、詳細を問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが東京電力と提携、通信と電力のセット販売などを提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加