グローバル仕様に限りなく近づけたソフトバンク版「Xperia Z5」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクの2015年冬モデルとして登場した「Xperia Z5」のレビューをお届けします。

すでにau、ドコモが先行して発表している同モデルですが、ソフトバンクには初めて取り扱いを開始したXperia Z3以来、譲っていない部分があります。詳細は以下から。

ソフトバンク版Xperia Z5本体。


ドコモ版やau版と何一つ仕様が変わらないため、詳細なレビューは省きますが、それでも確認しておいてもらいたいのがロゴの配置。


前面上部、背面中央には「SONY」ロゴ。


背面下部にはXPERIAロゴが入っているだけで、キャリアロゴは一切なく、グローバル版のXperiaと同じロゴ配置なのが特徴です。


一方で背面中央に燦然とキャリアロゴが輝くところか、背面右上に型番が印字されているドコモ版。この違いはまさに雲泥の差ではないでしょうか。


本体全体を見渡してみるとこんな感じに。なお、ソフトバンク版は携帯電話会社側が提供するプリインストールアプリも極力減らし、グローバル版との差分を減らしているのもポイントです。


◆Xperia Z5
ディスプレイ:約5.2インチフルHD(1920×1080)トリルミナスディスプレイ
CPU:Snapdragon 810 MSM8994(2.0GHz×4、1.5GHz×4)
メモリ:3GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:2300万画素、電子式手ブレ補正、F2.0、24mm広角
フロントカメラ:500万画素
国内向け機能:おサイフケータイ、フルセグ
防水・防塵:IPX5/8、IP6X
バッテリー容量:2900mAh
OS:Android 5.1
CA:対応
ネットワーク:下り最大187.5Mbps、上り最大37.5Mbps

・関連記事
Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで耐久実験、発熱に一番強いモデルが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの2015年冬~2016年春モデル、発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ版Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premium速攻レビュー、世界初の4Kディスプレイ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

新しいサービスはいつもauから、携帯各社「横並び」の戦犯はパクリ続きのソフトバンクとドコモではないのか | BUZZAP!(バザップ!)

大純減のソフトバンクがワイヤレスシティプランニングの契約数を非開示に、詳細を問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが東京電力と提携、通信と電力のセット販売などを提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加