ドコモ版Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premium速攻レビュー、世界初の4Kディスプレイ搭載



ドコモがフルモデル展開するXperia Z5シリーズ「Xperia Z5 SO-01H」「Xperia Z5 Compact SO-02H」「Xperia Z5 Premium SO-03H」のレビューをお届けします。

・Xperia Z5 SO-01H
まずはメインモデル「Xperia Z5」。5.2インチフルHD(1920×1080)トリルミナスディスプレイを備えたモデルです。







Xperia Z3と比較するとこんな感じ。








ドコモロゴや型番の配置を見直すつもりは一切無いようです。


・Xperia Z5 Premium SO-03H
続いては世界初となる5.5インチ4K(3840×2160)トリルミナスディスプレイを備えたフラッグシップモデル「Xperia Z5 Premium」。フルHDの4倍という、圧倒的な解像度を実現した究極のスマホで、ネットフリックスやYouTubeなどの4K動画を単体で楽しめるバケモノじみた性能に。



レスポンスはこんな感じ。4K解像度を処理するために表示がガクガクに……といったことはありません。


背面は鏡面加工してあり、そのクリアさは鏡としても利用できるほど。ただ、指紋が非常に気になります……


低い解像度の写真は4K解像度にアップスケーリングして表示。



ソニー独自のアップスケーリング(上)が施された写真のほうが、サードパーティー製アプリでの表示(下)よりも細部や発色が良いのが分かります。



・Xperia Z5 Compact SO-02H
持ちやすい4.6インチHD(1280×720)トリルミナスディスプレイを備えたコンパクトモデル「Xperia Z5 Compact」。


ピンクやイエローなど、尖った色合いがラインナップされています。





実際に触ったところ。持ちやすくレスポンスも良く、非常にバランスのいいモデルではないでしょうか。


なお、Xperia Z5シリーズはすべて同じ0.03秒オートフォーカス対応カメラを搭載。実にXperia Z1以来の抜本的な見直しで、1/2.3インチのExmor RS for mobileセンサーを採用した、広角24mmの2300万画素センサーを備えています。


各モデルのサイズ感を比較すると、以下のようになります。



ちなみにXperia Z5のモデルごとの比較は、以下の記事にまとめてあります。

「Xperia Z5」をモデルごとに解説・比較、カメラがZ1以来の大刷新&世界初の4K液晶も

・関連記事
Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで耐久実験、発熱に一番強いモデルが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの2015年冬-2016年春モデルまとめ、Nexus 5XやXperia Z5シリーズが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 5X」「Nexus 6P」徹底解説、ついにauのプラチナバンドLTEに対応 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2015年冬モデルから下り最大300MbpsのLTEを提供へ、iPhone 6sに向けた整備状況も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに
  3. 【追記】「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」登場、シャープが2022年秋冬モデルの最新スマホを発表
  4. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  5. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング