Nexus 5X速攻レビュー、4年ぶりの「ドコモのNexus」に



Galaxy Nexus以来、実に4年ぶりとなった「ドコモのNexus」ことNexus 5Xのレビューをお届けします。詳細は以下から。

日本時間の本日未明に発表された「Nexus 5X」が、ドコモの発表会にお目見えしました。


5.2インチフルHD(1920×1080)液晶、Snapdragon 808、2GB RAM、2700mAhバッテリー採用モデル。LG G2やisaiが実質的な兄弟機だったNexus 5と異なり、同じプロセッサを備えた「LG G4」や「isai vivid」などとはディスプレイの仕様が異なる点がポイント。完全に「Nexus 5の後継機」という位置付けです。


背面にはピクセルサイズ1.55μメートル、F値2.0の1230万画素カメラ。非常に明るく撮影できる点がポイントで、4K動画撮影にも対応し、レーザーオートフォーカスやデュアルフラッシュも搭載しています。なお、フロントカメラはF値2.0、500万画素です。


こちらは指紋認証センサー「Nexus Imprint」


背面、側面はこんな感じ。




USB Type-C対応コネクタにより、端子の上下を気にする必要が無くなったほか、10分の充電で7時間駆動可能。


ドコモ版のカラーバリエーションは2色。



下り最大262.5MbpsのLTEを利用できるのはドコモ。日本市場にいち早くリリースするためにLTE非対応となったGalaxy Nexusとは一体何だったのでしょうか。


実際に触ったところはこんな感じ。iコンシェルが画面上を歩くようなこともなく、素のAndroidの魅力をそのまま味わえる点が大きなメリットです。


ちなみに説明員によると、Nexus 5Xの実質本体価格(月々サポート適用後)は4万円台後半となる予定です。

・関連記事
ドコモの2015年冬-2016年春モデルまとめ、Nexus 5XやXperia Z5シリーズが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 5X」「Nexus 6P」徹底解説、ついにauのプラチナバンドLTEに対応 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2015年冬モデルから下り最大300MbpsのLTEを提供へ、iPhone 6sに向けた整備状況も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. XiaomiがOSアップデートを3世代前のスマホにも提供へ、OS軽量化で快適なレスポンスも
  2. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  3. 「折りたたみiPad mini」発売か、Galaxy Z Fold対抗でMacBookも20インチ超の折りたたみディスプレイ搭載へ
  4. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  5. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット

モバイルに関連した楽天商品ランキング