ドコモが2015年冬-2016年春モデル発表、Nexus 5XやXperia Z5シリーズが目玉に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが2015年冬モデルおよび2016年春モデルを発表しました。

日本時間の本日未明に発表されたばかりの「Nexus 5X」もラインナップされています。詳細は以下から。

・ラインナップ
arrows Fit F-01H
arrows NX F-02H
Xperia Z5 SO-01H
Xperia Z5 Compact SO-02H
Xperia Z5 Premium SO-03H
AQUOS ZETA SH-01H
AQUOS Compact SH-02H
Galaxy Active neo SC-01H
Disney Mobile on docomo DM-01H
Nexus 5X
dtab d-01H
P-01H
Wi-Fi STATION N-01H

・各機種のレビュー
ドコモ版Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premium速攻レビュー、世界初の4Kディスプレイ搭載


Nexus 5X速攻レビュー、4年ぶりの「ドコモのNexus」に


Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで耐久実験、発熱に一番強いモデルが明らかに


Xperia Z5シリーズの目玉機能、指紋認証・カメラ・4Kを追加レビュー


ハイスピードIGZOで次世代のヌルヌル感を実現した「AQUOS ZETA SH-01H」「AQUOS Compact SH-02H」レビュー


コンクリに落としても平気な「Galaxy Active neo SC-01H」レビュー、TORQUEに強力な刺客現る


・発表会の様子
































・質疑応答
フリーランス石野:
今回スペックを抑え気味でリーズナブルになりそうな機種が多い感があるが、その意図は?ラインナップ全体を見た時に、毎年入っていたGalaxy Noteが入っていないが?

加藤社長:
ラインナップはスペックやサイズなど、色々な特徴を持たせた。偏りはあまり意識していない。

フリーランス山口:
ドコモのサービスをのせていないNexus 5Xが入っているが、Windows Phoneが入らない理由は?

加藤社長:
Nexusは非常にいい機種であるための採用。最新のAndroidを使いたいという需要にも答えた。Windowsについては今のところ予定はありません。

時事通信橋本:
春商戦向けに端末追加する予定は?

加藤社長:
基本的にはこれらの機種で春商戦に臨むが、もしかしたら追加する可能性もあるかもしれない。

朝日新聞内藤:
安倍首相が携帯料金の負担に言及したが、ドコモの見解は?

加藤社長:
ドコモは値下げに逆行していない。競争環境もあるので他社プランにキャッチアップした。やはり2GB、10GBのシェアを対象外にしていることに対しては一定の声をいただいている。1700円のカケホのライトに入られるのではないかと思ったが、「5分」を意識する人も多い。なにしろ非常に短い期間での話なので、今後注視しながら考えていきたい。

エンガジェット津田:
今回発表された機種はAndroid 6.0へのアップデート対象?

プロダクト部長丸山:
グローバルでのバージョンアップとの間の差をなるべく埋めていきたい

産経新聞大坪:
VoLTEの海外対応が韓国からなのは?ドコモが先行できた理由は?

プロダクト部長丸山:
比較的VoLTEを早く入れた国が韓国だったため。まだ技術的に未熟な部分もあるため、共同で技術開発などを進めていきたい。

・関連記事
「Nexus 5X」「Nexus 6P」徹底解説、ついにauのプラチナバンドLTEに対応 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2015年冬モデルから下り最大300MbpsのLTEを提供へ、iPhone 6sに向けた整備状況も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加