コンクリに落としても平気な「Galaxy Active neo SC-01H」レビュー、TORQUEに強力な刺客現る

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年発売された「Galaxy S5 Active」に続き、京セラの極地戦仕様スマホ「TORQUE」シリーズを脅かす強力なタフネススマホがドコモの2015年冬モデルとして発表されました。詳細は以下から。

これがGalaxy Active neo SC-01H本体。4.5インチWVGA(800×480)液晶にSnapdragon 410(1.2GHz、クアッドコア)、2GB RAM/16GB ROM……と、基本的にスペックを絞ったモデルですが、2GB RAMを採用している点は大きなポイント。


背面には800万画素カメラ


バッテリー容量は2200mAhです。


全体的に武骨なデザインを採用しています。





最も大きな特徴として、アメリカ国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠。防水・防塵だけでなく、非常に高い耐久性を実現しています。


カラーバリエーションは2色



実際に触ってみたところ。画面解像度の低さやRAMの多さもあって、快適に動作します。


なお、ドコモの発表会場では、同モデルの耐久性を実験すべく、このようなブースが用意されていました。


床に設置されたコンクリートブロック。嫌な予感がします。



その予感を裏付けるかのように、胸ポケットの高さからコンクリートブロックへと落とされるGalaxy Active neo。


もちろん一度では済みません。しかし拾い上げてみると無事動作しています。


耐久実験の様子を見ているとついやってみたくなったので、自分でも落としてみました。やはり問題はありません。


そんなことをしていると、ドコモのスタッフが「100回近く落としてみた」というGalaxy Active neoを見せてくれました。


さすがに角が凹んでしまうなど、満身創痍の感がありますが……




それでもディスプレイは無事。「気を付けているのに画面を割ってしまう」という人にはオススメのスマホかもしれません。

・関連記事
ドコモの2015年冬-2016年春モデルまとめ、Nexus 5XやXperia Z5シリーズが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2015年冬モデルから下り最大300MbpsのLTEを提供へ、iPhone 6sに向けた整備状況も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 5X」「Nexus 6P」徹底解説、ついにauのプラチナバンドLTEに対応 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加