Facebook「いいね!」に加え新たに6つの感情を表すリアクションボタンを導入、アイルランドとスペインのみで実験の理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加



導入が噂されていた「dislike(よくないね!)」ボタンに変わり、Facebookが感情を表現する6つのボタンの導入を検討していることが明らかになりました。詳細は以下から。

Facebookが悲惨な事故や肉親・友人の他界など、共感を覚えても「like(いいね!)」のボタンを押すのがそぐわない投稿のために「dislike(よくないね!)」ボタンの導入を検討していたことはBUZZAP!も以前取り上げました。

しかし、この「dislike(よくないね!)」は他人の投稿を貶めたりブーイングをするのにも使われてしまうのではないかとの危惧も当然のように噴出。Facebook側の対応が注目されていました。

この度Facebookが新たに導入を試みているのはいいね!に加えた喜怒哀楽などの感情を表現する6つのリアクションボタン。Love(大好き)、haha(笑)、Yay(イェーイ!)、Wow(びっくり)、Sad(悲しみ)、Angry(怒り)の6つでdislike(よくないね!)はありません。


少々煩雑になるような気もしますが、LINEでは既にこうした感情を表す複数のボタンは実装済み。LINE世代にとっては意外と当たり前の機能なのかもしれません。


なお、リアクションボタンはWEB版にもモバイルアプリ版にも搭載され、個人のタイムラインをはじめ、グループやイベント、ページなど、これまでいいね!ボタンがあった場所全てに付けられるということです。

そしてこのリアクションボタンは現在アイルランドとスペインの2国のみで実験が行われており、その結果をもって全世界で導入されるかが決定されるとのこと。いったいなぜこの2国が選ばれたのでしょうか?

TechCrunchはFacebook社のプロダクトプロデューサーのAdam Mosseriさんの話を紹介しており、それによるとアイルランドには広範な国際的な友人のネットワークを持たない大量のユーザーが存在しているということ、そしてスペインは非英語圏での非言語的なリアクションボタンの反応を確認するためということです。

さて、これでユーザーのFacebook体験はより豊かなものになるのでしょうか?

With Reactions, Facebook Supercharges The Like Button With 6 Empathetic Emoji TechCrunch

ゼロからはじめる Facebook フェイスブック スマートガイド
リンクアップ
技術評論社
売り上げランキング: 40,887

・関連記事
Facebookが「dislike(よくないね!)」ボタンを導入へ、悲惨な事故や悲しい投稿への共感のためでdisる目的ではないと説明 | BUZZAP!(バザップ!)

空港で花束を持つおじいちゃんの動画、「真実の愛」と世界中の心を打って1600万回再生の大反響に | BUZZAP!(バザップ!)

あのロックスターやバンドが「絵文字」になるとこんなにかわいいことに | BUZZAP!(バザップ!)

飛行場の上空を飛ぶUFO(未確認飛行物体)を撮影した動画がFacebookで話題に | BUZZAP!(バザップ!)

Instagramで「長方形」の写真や映像がアップ可能に | BUZZAP!(バザップ!)

岡田斗司夫がFacebookで独身女性に向けて「おかみさん」を募集、怪しすぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加