ついに20周年記念のエヴァスマホ発売へ、廉価版がベースモデルで価格は7万8000円



開発中のエヴァスマホの発売日や詳細がついに判明しました。詳細は以下から。

これが「エヴァンゲリオン スマートフォン SH-M02-EVA20」。ベースモデルはドコモの廉価スマホ「AQUOS EVER」と同スペックの「SH-M02」で、エヴァ初号機をモチーフにしたデザイン。背面にはグラデーションやホログラム加工が施されています。


ファンのアンケートをベースに、20周年記念の表記に加えてサイドボタンのカラーリングにもこだわり。


スタジオカラーのアニメーターが特別に描き下ろした限定デザインを含む、365枚の壁紙を格納したオリジナルアプリ「365EVAWALL」を搭載。プリインストールは以下の9種類ですが、毎日新しい壁紙が追加される仕組みです。


さらにレイ、アスカ、ミサト、ペンペンの録りおろしボイス34種類や、劇中の効果音21種も登録。なお、音源データはオリジナルアプリ「EVA SOUND」に格納されており、一部はアプリ内のイベントをクリアすることで使用できます。


性能はこんな感じ。ドコモのネットワーク利用を前提としたSIMフリーモデルで、搭載されているプロセッサ(Snapdragon 400)などの面から考えても、廉価スマホに属する性能です。


なお、販売はセブンイレブン限定で、販売台数は3万台。本体価格は税抜7万8000円で、クレジットカードでの支払いも可能ではあるものの、一括払いのみが対象。

予約受付は2015年11月2日(月)10:01に開始され、先着5000台が2015年12月下旬に配送予定。残り2万5000台については、2016年4月下旬に配送される予定となっています。

ちなみに2012年にドコモ夏モデルとして発売された「NERV官給品」コンセプトの特別仕様エヴァスマホ「SH-06D NERV」はこんな感じ。



貞本義行直筆イラストを背景にすることもできました。


エヴァの世界観を再現した「MAGI UI」や、ホーム画面に貼り付けることができる「MAGIウィジェット」に加え、同モデルのためにスタジオカラーが制作した新作カットを含む、ヱヴァンゲリヲン史上初の3Dムービーも収録されていました。

・関連記事
ぬぐえないコレジャナイ感、20周年記念のエヴァスマホは何がダメなのか | BUZZAP!(バザップ!)

エヴァの「リツコさんが太鼓を叩いている画像」の元ネタが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

エヴァの背景を簡単に理解できる「エヴァンゲリオンがさらにわかる動画:旧」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

エヴァスマートフォン「SH-06D NERV」フォトレビュー、ついに全容が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

特別映像も公開、エヴァスマートフォン「SH-06D NERV」ムービーレビュー | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング