10コアCPU&4スピーカーの変態スマホ「Predetor 6」や「Predetor 8」など、Acerの国内未発表端末レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日、日本市場本格参入第一弾となる格安スマホ「Acer Liquid Z530」を発表したAcerが、四隅にスピーカーを配置し、10コアのプロセッサを搭載したゲーミングスマホ「Predetor 6」などを展示したので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。

参考展示されていた、日本未発表のスマホたち。その中に「Predetor 8」「Predetor 6」は展示されていました。


まずは「Predetor 6」。6インチHD液晶にCortex-A72(2コア)、Cortex-A53(4コア)×2の合計10コアとなるMediaTek製CPU「Helio X20」を搭載。4GB RAMや2100万画素カメラを備えています。


特筆すべきはこの4隅にあるスピーカー。音質に強いこだわりを見せています。



メタリックでスタイリッシュなボディを採用。




背面もかなりクールです。



「Predator 8」は8.0インチフルHD(1920×1080)IPS液晶搭載。Intelの64bit対応1.6GHz、4コアCPU「Atom X7 Z8700(Cherry Trail)」や2GB RAMなどを備えたAndroidタブレットで、やはり重厚なデザインを採用。







なお、AcerはPredetorシリーズの国内販売を検討しているほか、近日中にSIMフリースマホ第二弾も発表予定。




はたしてどのモデルが日本市場に投入されるのでしょうか……?








・関連記事
「Acer Liquid Z530」発表、Zenfone対抗のSIMフリー格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

Acerの日本市場向け新商品発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM(MVNO)の1Mbps割れが常態化、選ぶ際は注意が必要に | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも惜しい格安スマホ「Zenfone」や「ZenPad」、携帯各社の周波数対応→使えるのはドコモ回線だけ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加