2015年冬スマホのベンチマーク比較、Xperia Z5・Nexus 5X・AQUOS ZETA・arrows NXの実力は?

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモ、au、ソフトバンクからiPhone 6s、Xperia Z5が一斉発売され、本格的に開始した感のある2015年冬商戦。

多くのフラッグシップモデルには「Snapdragon 810」「Snapdragon 808」などの最新プロセッサが採用されているわけですが、はたしてその性能はいかほどなのでしょうか。さっそく比較してみました。詳細は以下から。

◆2015年冬モデル4機種でベンチマーク比較
今回比較したのは「arrows NX F-02H」「AQUOS ZETA SH-01H」「Xperia Z5 SOV32」「Nexus 5X」の4機種。すべて開発途中のモデルで測定したため、製品版とは結果が異なる可能性があります。


各機種が採用しているプロセッサは以下。Snapdragon 810の発熱問題を懸念してか、Xperia Z5以外はSnapdragon 808を採用。なお、「AQUOS ZETA SH-01H」はソフトバンクの「AQUOS Xx2」と同じスペックです。

arrows NX F-02H:Snapdragon 808(1.8GHz 2コア+1.4GHz 4コア)
AQUOS ZETA SH-01H:Snapdragon 808(1.8GHz 2コア+1.4GHz 4コア)
Xperia Z5 SOV32:Snapdragon 810(2.0GHz 4コア+1.5GHz 4コア)
Nexus 5X:Snapdragon 808(1.8GHz 2コア+1.4GHz 4コア)


今回ベンチマーク測定に用いたのは定番ソフト「AnTuTu Benchmark V5.7」。


64ビット版で測定しています。



それではさっそく計測開始。2015年夏モデルではAQUOSだけ異様にベンチマークの進みが遅くなっていましたが、今回も進みの遅さが気になりました……


◆測定結果
・arrows NX F-02H:スコア46116


・AQUOS ZETA SH-01H:スコア36073


・Xperia Z5 SOV32:スコア51888


・Nexus 5X:スコア44956


◆トップはもちろんXperia Z5、やっぱり動作クロックを落としているAQUOS
上記の結果から分かるように、2015年冬スマホはSnapdragon 810を搭載しているXperia Z5が唯一スコア50000オーバーを達成しました。以前Buzzap!編集部で計測したXperia Z4のスコア(52084)と比較しても遜色なく、「発熱を意識してクロック数を落とした」というようなことはありません。

また、arrows NX、Nexus 5Xは、同じSnapdragon 808を備えた2015年夏モデル「isai vivid LGV32(スコア46951)」とほぼ同じ数字。プロセッサの実力が順当に現れています。

そんな中、やはり気になったのがAQUOS ZETA SH-01Hのスコアの低さ。Snapdragon 810を搭載したにもかかわらず、スコア28094を記録したAQUOS SERIE SHV32ほどではないものの、同じプロセッサを備えたarrows NX、Nexus 5Xの8割程度のスコアに。

単純にスコアだけで比較するならば、1世代前の「Xperia Z3(Snapdragon 801)」を下回るどころか、2013年冬モデルの「isai(Snapdragon 800)」と並んでしまうわけですが、これもバッテリーを持続させるための措置でしょうか……。

・関連記事
2015年冬スマホ、Xperia Z5・iPhone 6s・Nexus 5Xなどのカメラを比較してみた その1 | BUZZAP!(バザップ!)

2015年冬スマホ、Xperia Z5・iPhone 6s・Nexus 5Xなどのカメラを比較してみた その2 | BUZZAP!(バザップ!)

【ベンチマーク比較】Xperia Z4、Galaxy S6 edge、isai vivid、HTC J butterfly、TORQUE G02、AQUOS SERIEの実力は? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加