1ヶ月以上PCを起動しなかった男性を襲った、思いもしなかった悲劇

このエントリーをはてなブックマークに追加



しばらく使っていなかったPC、動作不良になることありますよね。でもこの男性が直面したのは思いもよらない事態でした。詳細は以下から。

ある男性が自宅のタワー型PCを1ヶ月以上起動しないまま放置、その後起動しようとしたところどうやっても動きません。



男性はPCの知識があったため、ボックスを開けて中を調べてみることにしました。そこで男性は思いもよらないものを見ることになります。



異常はなさそうですが…おや?


なんと、キノコが自生しているではありませんか。


基盤が苗床になっていますね。たしかにこれでは起動は無理そうです。


命の神秘を感じさせる神々しさもあり、シメジに似ていて美味しそうでもありますが、結局男性のPCの復旧にどれくらいの時間と金額が必要だったかは明らかにされていません。


冬場は発熱によって暖かいことから黒い悪魔たちの巣窟となることがあるとされるタワー型のPC。隙間が存在して湿気があり、しかもしばらく放置されていたとなれば、菌類にとっても静かで住みやすい環境だったのかもしれません。

チェックと掃除、こまめにしておきたいですね。

This Is What Can Happen When You Don't Use Your Computer for a Month (8 pics) - Izismile.com

・関連記事
【食事中注意】外で思いっきり遊んできた子供の手は、実はこんなにも汚れている | BUZZAP!(バザップ!)

シャツやタオルの雑巾臭を解決する最終手段、洗濯機を酸素系漂白剤で掃除してみた | BUZZAP!(バザップ!)

腐海に没してゆく…カビの成長をメーヴェに乗って眺めているかのようなタイムラプスムービー | BUZZAP!(バザップ!)

掃除機で部屋は綺麗になっても健康に悪いという研究結果 | BUZZAP!(バザップ!)

【食事中注意】パンで作った都市が6ヶ月で腐海に沈む様子を撮影し続けた写真作品「Decor」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加