DTMを無理やり全部アナログに変えてテクノ・ミュージックを作曲するとこんなことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



PCで作曲するDTMが全盛ですが、その過程を全部アナログに変えてみるとこんなどえらいことになってしまいます。詳細は以下から。

ボカロ曲を含むDTM(デスク・トップ・ミュージック)用のソフトウェアは今や家庭用のPCで簡単に扱えるようになり、誰でも簡単に作曲が楽しめる時代になりました。

ですがやはりそれでは物足りないとしてヴィンテージのアナログ・シンセサイザーが注目されるなど、ダンス・ミュージックを巡る状況はかなり面白いものになっています。

そんな中で、DTMソフトでやっていることを無理やり全部アナログに変えてテクノ・ミュージックを作曲してしまったアーティストがGraham Dunningさん。他の動画を見るとアナログ・シンセやサンプラー、エフェクターなどを駆使してノイズやエクスペリメンタルに近いライヴを行っています。


そんなDunningさんはターンテーブルを使い、アナログ・レコードやエフェクター、実際の楽器などを組み合わせ、DTMのループ機能を再現していきます。その塔のような外観はピタゴラスイッチを思い起こさせる大ギミックとなってゆきます。動画は以下から。

MECHANICAL TECHNO DEMONSTRATION - YouTube


なかなかクラブやライヴハウスでパフォーマンスを行うのは大変そうなセットですが、こんな発想で踊らせてくれるアーティストが増えたらさらに面白いことになりそうです。

How To Make A Techno Song Without Computers [VIDEO]

・関連記事
往年の大女優や女性ミュージシャンと彼女らのターンテーブルを撮影した写真集がすばらしい | BUZZAP!(バザップ!)

アドリア海の波と風が音楽を奏でる、クロアチアの全長70mに及ぶ「海のオルガン」 | BUZZAP!(バザップ!)

スティーブ・ライヒ「ピアノ・フェイズ」のアニメーション動画がミニマルにしてめくるめく幻惑 | BUZZAP!(バザップ!)

子供の頃の楽しかった夢をすべて詰め込んだストップモーションムービー「Imagination」 | BUZZAP!(バザップ!)

音が見え、色を味わえる「共感覚」の持ち主にロックの名曲はどのように「見えた」のか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加