ドコモの「NOTTV」、ついにサービス終了へ



ドコモが鳴り物入りで始めたものの、まったくにぎわう気配が無かったスマホ向け放送サービス「NOTTV」が終了することになりました。詳細は以下から。

報道発表資料 : 「NOTTV」サービスの終了について | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社がグループ会社「mmbi」を通じて提供しているスマホ向け放送サービス「NOTTV」を、2016年6月30日(木)で終了することを決定したそうです。

NOTTTVは日本初のスマートフォン向け放送サービスとして2012年4月に提供開始。対応端末を数多くラインナップし、ドコモショップなどで申し込みを受け付けてきたものの、スマホ向け映像配信サービスの普及で当初想定していた会員数の獲得に至らず、今後の事業継続が困難な見込みであることを受け、サービス終了を決めたとのこと。

なお、サービス終了のお知らせに伴い、NOTTVの新規申込受付も終了するほか、ユーザーに対しては「dTV」などをお得に利用できる各種施策を準備中だとしています。

地上アナログテレビ放送に用いられていた、貴重なVHF-Highバンドの空き領域を利用して提供されているNOTTV。

日本国民の大半がテレビを買い換えさせられ、代わりに始まったサービスが2015年3月期に500億円を超える純損失を計上し、4年で終了することとなったNOTTVと考えると、なんとも言えない気持ちになりますが、空くことになる帯域は今後どのように用いられるのでしょうか。

・関連記事
「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ、au、ソフトバンクがこぞって1GBプラン新設&料金引き下げを検討へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが「Xperia A」「Galaxy S4」の下取り価格を2万1600円に大幅引き上げ、流出を警戒か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング