タレントの竹田恒泰氏が夫婦別姓問題でトンデモツイート連発、無知を積極的にさらけ出す

このエントリーをはてなブックマークに追加



「明治天皇の玄孫(やしゃご)」 をウリに活動するタレントの竹田恒泰が夫婦別姓問題でトンデモツイートを行い、突っ込まれまくっています。詳細は以下から。

旧皇族の竹田家に生まれたことから「明治天皇の玄孫(やしゃご)」という血筋の良さを売り物にするタレントの竹田恒泰

普段からテレビやツイッター上でのトンデモ発言が取り上げられていましたが、先日最高裁大法廷が夫婦同姓を定めた民法規定を合憲とした判決を出したことに絡み、夫婦別姓問題について無知であることを積極的にさらけ出しています。

その中で最も話題となっているのは以下のツイート。


中二病男子の妄想かと思えるような内容には大量の「お前の気のせい」というリプライが付けられているのと同時に、「婿養子は幸せでないということなのか?」「お前がウリにしてる皇族はそもそも姓がないんだが不幸なのか?」というツッコミが相次いでいます。

さらに選択的夫婦別姓制度が認められた場合の問題点を列挙。


1については「法律婚と事実婚の差が小さくなって確実に事実婚が増える」という単なる憶測を断定口調で主張。その結果婚外子が増加するとしています。


この理路はまったく支離滅裂で、何らフォローもされていないため、どういった理由で法律婚と事実婚の差が小さくなると事実婚が増えるのかは不明なまま。また、婚外子を問題視していますが、大正天皇に関して以下の様な事実が示されています。


2については国民的アニメのサザエさんを引き合いに出してみせますが、こちらも盛大に失敗しています。


少し住宅街を歩けば分かりそうなものですが、二世帯住宅などで複数の表札が掲げられている家は日本全国どこにでもあります。また、そもそもサザエさんの家は磯野家とフグ田家が同居している形であるため、本当は表札は「磯野」だけでは足りません。もしかすると竹田氏はマスオさんを婿養子だとでも勘違いしているのでしょうか……?

3の墓を守る話については既に問題化していますが、夫婦別姓をここに絡めるのはまったくもって悪手と言わざるを得ません。


この問題は核家族化や少子化、そして人口移動に伴う都市部への集中と地方の過疎化など、多くの問題が複合的に発生した結果として起こるもの。概念の問題で済ませられるものではありません。


また、竹田氏の論法で言うと、今の夫婦同姓で夫の姓を名乗るようになった場合、母方の祖父母の墓を守らなくなる確率が高くなり、娘しか生まれなかった家庭の墓は早晩放置されることになりますが、それは問題ないのでしょうか?

最後に4については、中央大学文学部の山田昌弘教授の説明と並列させたこちらのツッコミが秀逸です。


確かに源頼朝の妻は北条政子であり、源政子ではありません。そして夫婦同姓制が導入されたのは明治31年(1898年)のことで、まだ120年の歴史すらありません。


そうした夫婦同姓制をあたかも日本古来の伝統であるかのように語り、後生大事に守ろうとする論調は、残念ながらあまりにも無知であるとしか言いようがありません。より「伝統的」なのは夫婦別姓であり、それよりもさらに伝統に忠実であることを求めるならば、平民はもはや苗字を持てなくなります。

同性パートナー制度ができた時も、衆道という日本古来の伝統を知らずに同性愛は日本の価値観を否定するなどとトンチンカンなことを述べた練馬区議がいましたが、日本の伝統と口にするのであれば、まずは本当の日本の伝統がどのようなものだったのか、高校生レベルの知識からしっかり勉強してほしいものです。

・関連記事
夫婦別姓を認めない民法規定は合憲と最高裁大法廷が初の判断、女性の再婚禁止期間の規定には違憲の判断 | BUZZAP!(バザップ!)

【またか】今度は練馬区議が「同性パートナー制度は日本の価値観を否定する」などと意味不明なコメント | BUZZAP!(バザップ!)

止まらない弱者切り捨て、精神障害者ら7.9万人への障害基礎年金が減額・停止へ | BUZZAP!(バザップ!)

笑えるほどに露骨、参院選前後に1250万人の年金受給者に3万円の臨時給付金バラマキを検討 | BUZZAP!(バザップ!)

【意味不明】8%に据え置きするだけの「軽減税率」に大山鳴動の「財源」探しの謎 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加