ソニーがXperia Z6以降のモデルを大幅削減か、まさかの年2機種展開に

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ事業の不振を巻き返すべく、シェア拡大路線から収益性を追求する路線へとシフトするために、ハイエンドへ注力するよう舵を切っているソニーが、Xperiaシリーズの新機種を大幅に削減する予定であることが報じられています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」などの報道によると、ソニーモバイルが2016年に投入する新機種を大幅に削減し、台湾での研究開発チームを解散する可能性があるそうです。

ソニーはハイエンドモデルとして例年5~8機種のXperiaシリーズを展開してきましたが、2015年には5モデルへと収束。2016年には2機種のみになるとしており、今まで製造を委託していたFoxconn ElectronicsからArima CommunicationsおよびCompal Electronicsへと委託先を変えることが明かされています。

なお、「Xperia Z5 Premium」のように、特定の機種をベースにしたプレミアムモデルの開発や、わずかながらもミドルレンジ~エントリークラスの投入も検討されているとのこと。

しかし今までソニーが国内にはハイエンドモデルしか投入してこなかったことを考えると、来年のXperiaシリーズはモデル数が絞り込まれることになりそうです。

Sony to focus on a smaller Xperia portfolio in 2016? | Xperia Blog

Sony Mobile to reduce smartphone models for 2016

・関連記事
Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで4K動画撮影実験、発熱に一番強いモデルが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが新型電池を投入へ、スマホの動作時間が1.4倍に | BUZZAP!(バザップ!)

さらばSnapdragon、ソニー・LGに続いてXiaomiやLenovo、ZTEもスマホのプロセッサを自社開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】au版iPhone SEが一括0円で販売中、衝撃の「回線契約なしでも本体割引」をドコモやソフトバンクも
  2. ソフトバンクが格安プラン「LINEMO(ラインモ)」契約で12000円キャッシュバック中
  3. 1万円台前半の格安タブレット「Teclast P20HD」や「Alldocube iPlay 40」値下げ、動画視聴もビデオ会議もカーナビ代わりにも活躍の本格SIMフリーモデル
  4. 楽天モバイルが実質0円のモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」発売、さらにポイント還元も
  5. カメラ重視の格安タブレット「Blackview Tab10」レビュー、1万円台なのに大容量バッテリーとスタンド付きカバーでオンライン飲み会や動画視聴も便利に

モバイルに関連した楽天商品ランキング