まさに最終手段、スマホでスマホを充電できる「緊急充電ケーブル」が発売される

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホの充電が切れそうなのに自分も居合わせた友だちもモバイルバッテリーを持っていない、しかも周囲に充電できる環境がない……そんな時の最終手段として活用できそうなケーブルが発売されました。詳細は以下から。

これが本日発売された「microUSB→microUSB 緊急充電ケーブル」。世界中から面白い商品を輸入販売している上海問屋が販売しているもので、価格は税込699円。


ケーブルには充電側と給電側の区別があります。


充電したいほうのスマホを充電側、電力を供給する側のスマホを給電側で繋ぐと、スマホが充電できるようになる仕組み。なお、給電側のスマホは外部機器などを接続できる「USB-OTG」に対応している必要があります。


変換アダプタを噛ませば通常の充電ケーブルとしても利用できるのもポイントです。


なお、上海問屋が「Huawei Ascend Mate 7」を使って「ZenFone 2」を充電してみたところ、15分の充電時間で0%から25%まで充電できたとのこと。給電する側のバッテリーに負荷をかけるおそれがあるため、あくまで緊急手段としての利用にとどめておきたいところですが、いざという時の心強い味方になってくれそうです。

【楽天市場】microUSB⇒microUSB 緊急充電ケーブル [スマホ充電の緊急手段!Android系などmicroUSB対応のスマホ同士で電力をシェアできる充電ケーブル]:上海問屋

・関連記事
1回の充電で2週間駆動、世界最大の10000mAhバッテリースマホ「OUKITEL K10000」が発売 | BUZZAP!(バザップ!)

スマホのバッテリーを5分で48%まで充電できる技術が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが新型電池を投入へ、スマホの動作時間が1.4倍に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加