ソフトバンクが1GBプラン発表、通話定額+データ通信が月額4900円に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ライトユーザー向けプランの新設を求める総務省の要望に応じる形で、ソフトバンクが新料金プランを発表しました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は4月以降に月額2900円で月間1GB通信できる新プラン「データ定額パック・小容量(1)」を導入するそうです。

対象プランは5分以内の国内通話が定額となる「スマ放題ライト」および国内通話が完全定額の「スマ放題」で、新プラン導入によってソフトバンクのスマホが月額4900円から利用できるとのこと。

月額料金のイメージはこんな感じ。ソフトバンクがスマ放題ライト導入時に実施したような、「スマ放題ライトと小容量パックが併用できない」といった制約はありません。

・スマ放題ライト
基本料(1700円)+Sベーシック(300円)+データ定額パック小容量(2900円)=4900円
・スマ放題
基本料(2700円)+Sベーシック(300円)+データ定額パック小容量(2900円)=5900円

最低月額料金が6500円だったことを考えると、ライトユーザーにとってはかなりリーズナブルな「データ定額パック・小容量(1)」。

一方でまもなく導入されるMNP利用者向けの「一括0円」「実質0円」廃止や、小容量パック契約者に対しては月月割が減額される可能性などを考えると、値下げした分が端末代金に跳ね返ってくる可能性は否めず、素直に値下げを喜べない部分もあります。

SoftBank、1GBのデータ定額パックを導入 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

・関連記事
「値下げ」に沸く携帯料金、支払額が変わらないどころか上がる可能性もあることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話の「実質0円」完全禁止に、各社の値下げプランは2016年1月発表へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加