4TBのSSD、年内に500ドルで発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



2016年はハードディスクとSSDの間の価格差が一気に縮まる年になるかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2TBモデルのSSD「Reactor」を手がけるSSDメーカー・Mushkinが2016年第2四半期にも4TBモデルを追加するそうです。

これは3次元構造を取り入れることでフラッシュメモリの記録容量が飛躍的に拡大する新技術「3D NAND」を採用したもので、GB単価を1GBあたり約0.25ドルにまで引き下げることが可能になるとのこと。


Mushkinはターゲットの価格帯を500ドルに設定する方針だとされています。

なお、Buzzap!編集部で2016年1月20日現在のSSDの価格を調べてみたところ、1TBに手が届くモデルで最も安価なのはPatriot Memory社の「Blast PBT960GS25SSDR(960GB、2万9980円)」。

2TBモデルに至ってはSamsungの「850 EVO MZ-75E2T0B/IT」がようやく9万5129円であるため、「4TBで500ドル」という数字はにわかに信じがたいところですが、はたして大容量SSDの価格はそこまで落ち込むのでしょうか。

Mushkin previews a $500 4TB SSD at CES - The Tech Report

・関連記事
ついに128GBのmicroSDXCカードが4000円台に、8ヶ月前の半額 | BUZZAP!(バザップ!)

サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、GB単価もHDD並みに | BUZZAP!(バザップ!)

無料でiPhone 6sの容量を倍にしてくれるキャンペーンを携帯会社が展開 | BUZZAP!(バザップ!)

【注意】「8GBしか書き込めない」、サンディスクのmicroSDXCカード(128GB)に大量の偽物報告 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加