サンディスクが8TB・16TBのSSD発売へ、GB単価もHDD並みに

このエントリーをはてなブックマークに追加



低消費電力で振動などにも強く、データの読み書きも高速……という大きなメリットがある反面、容量面でHDDに見劣りしていたSSDですが、圧倒的な大容量を実現したモデルが発売されることになりました。また、長年の懸念事項だった単価の高さも、今後さらにHDDに近づきます。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、2014年4月にデータセンターなどのエンタープライズ向けに4TBモデルのSSDを発売したサンディスクが、2016年後半にも6TBおよび8TBのSSDを発売するそうです。


現在開発されている6TB・8TBモデルのSSDは東芝とサンディスクが共同開発を進めている次世代の15nmプロセスの製造技術を採用した、MLC NANDフラッシュメモリを用いたもので、毎秒最大12GBのデータ転送が可能。

しかしその後は(PDFファイル)3次元構造の「BiCS技術」を採用したフラッシュメモリに切り替えるとしています。


東芝が試算したBiCSフラッシュメモリの容量当たりのコスト。平面メモリを単純に積層するより、GBあたりのコストを引き下げることができます。


サンディスクは4TB→8TB→16TBと、SSDの容量を拡大してゆく予定。ノートパソコンのハードディスク1台分のサイズで16TBの記録容量というものは、なかなかとんでもないことではないでしょうか。


また、新技術の採用によって1GBあたりの単価は2017年にはHDD並みに近づく見通し。2010年と比較して、実に10分の1以下に引き下げられると見積もられています。


SanDisk plans to release 6TB and 8TB SSDs in 2016 | KitGuru

・関連記事
240GBモデルのSSDが1万円割れ、最もお買い得なのは480GB・960GBモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

コストパフォーマンス重視の「サンディスクSSDプラス」明日から発売へ、HDDの23倍の性能を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

大容量SSDが大幅値下がりへ、ついに数千円で購入可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加