240GBモデルのSSDが1万円割れ、最もお買い得なのは480GB・960GBモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ノートパソコンのHDDなどを換装するのにちょうどいい、240GBのSSDが1万円を割り込みました。

しかし1GBあたりの単価が最も安いお買い得なモデルは、もっと大容量であるようです。詳細は以下から。

◆240GBモデルが1万円割れ
大手価格情報サイト「価格.com」によると、2015年7月18日1:00現在、シリコンパワー製の240GBモデルSSD「SP240GBSS3S55S25」が9980円で販売されています。

価格変動グラフはこんな感じ。7月に入って1万円をコンスタントに割り込んでいます。


◆最もお買い得なのは480GBモデル
なお、1GBあたりの単価が安い「最もお買い得なSSD」は、1万9000円で販売されているKINGMAX製の「SME32 Xvalue 480GB」がトップに。

信頼性に定評のあるサンディスク製の480GBモデル「SDSSDHII-480G-J25」も7月に入った途端一気に2万円を割り込み、今では1万9434円で購入できます。


◆とにかく大容量が欲しいなら960GBモデル
また、1GBあたりの単価が安いSSDトップ3を480GBモデルが占める中、4位にランクインしたのがサンディスク製の960GBモデル「SANDISK SDSSDHII-960G-J25」。

一時期4万8000円台にまで高騰しましたが、今では3万9069円で買うことができます。


ノートパソコンやデスクトップパソコン、ゲーム機搭載されたHDDと交換することで、パフォーマンスの向上が期待できるものの、かつては1GBあたりの単価が非常に高く、おいそれと交換できなかったSSD。

しかし大容量のモデルが安価になったことで、サンディスクなどが提唱する「古いパソコンのHDDをSSDに換装して快適に使えるようにする」というスタイルが、ますます身近になりそうです。

・関連記事
大容量SSDが大幅値下がりへ、ついに数千円で購入可能に | BUZZAP!(バザップ!)

1995年には8GBはどれほど巨大な容量だったかが一目で分かる写真 | BUZZAP!(バザップ!)

HDDの容量を2倍にする技術が開発される、メモリなど半導体への応用も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

コストパフォーマンス重視の「サンディスクSSDプラス」発売へ、HDDの23倍の性能を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加