240GBモデルのSSDが1万円割れ、最もお買い得なのは480GB・960GBモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ノートパソコンのHDDなどを換装するのにちょうどいい、240GBのSSDが1万円を割り込みました。

しかし1GBあたりの単価が最も安いお買い得なモデルは、もっと大容量であるようです。詳細は以下から。

◆240GBモデルが1万円割れ
大手価格情報サイト「価格.com」によると、2015年7月18日1:00現在、シリコンパワー製の240GBモデルSSD「SP240GBSS3S55S25」が9980円で販売されています。

価格変動グラフはこんな感じ。7月に入って1万円をコンスタントに割り込んでいます。


◆最もお買い得なのは480GBモデル
なお、1GBあたりの単価が安い「最もお買い得なSSD」は、1万9000円で販売されているKINGMAX製の「SME32 Xvalue 480GB」がトップに。

信頼性に定評のあるサンディスク製の480GBモデル「SDSSDHII-480G-J25」も7月に入った途端一気に2万円を割り込み、今では1万9434円で購入できます。


◆とにかく大容量が欲しいなら960GBモデル
また、1GBあたりの単価が安いSSDトップ3を480GBモデルが占める中、4位にランクインしたのがサンディスク製の960GBモデル「SANDISK SDSSDHII-960G-J25」。

一時期4万8000円台にまで高騰しましたが、今では3万9069円で買うことができます。


ノートパソコンやデスクトップパソコン、ゲーム機搭載されたHDDと交換することで、パフォーマンスの向上が期待できるものの、かつては1GBあたりの単価が非常に高く、おいそれと交換できなかったSSD。

しかし大容量のモデルが安価になったことで、サンディスクなどが提唱する「古いパソコンのHDDをSSDに換装して快適に使えるようにする」というスタイルが、ますます身近になりそうです。

・関連記事
大容量SSDが大幅値下がりへ、ついに数千円で購入可能に | BUZZAP!(バザップ!)

1995年には8GBはどれほど巨大な容量だったかが一目で分かる写真 | BUZZAP!(バザップ!)

HDDの容量を2倍にする技術が開発される、メモリなど半導体への応用も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

コストパフォーマンス重視の「サンディスクSSDプラス」発売へ、HDDの23倍の性能を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  3. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  4. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中
  5. 1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング