KDDI(au)が同性カップルにも家族割適用、パートナーシップ制度を活用

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが同性カップルへの家族割を提供します。詳細は以下から。

「家族割」等各種サービスの適用拡大について | 2015年 | KDDI株式会社

KDDIのプレスリリースによると、同社は自治体が同性カップルなどに対しても「結婚に相当すると認める証明書」を発行する同性パートナーシップ制度を利用したユーザーに対し、家族割を拡大するそうです。

適用開始は各市区町村などより、公的な証明書の発行が開始され次第とのこと。

これにより、今まで同性カップルの間には認められてこなかった、家族間の国内通話やSMS (Cメール) 発信が24時間無料となる「家族割」や「auスマートバリュー」「データギフト」など、家族であることを条件とするさまざまな割引やサービスを利用できるようになります。

・関連記事
「弟の夫」大ヒットでいきなり重版決定、田亀源五郎氏が喜びの声 | BUZZAP!(バザップ!)

【フォトレポート】渋谷の街が祝福に満ち溢れた「東京レインボープライド2015」のパレード | BUZZAP!(バザップ!)

「生と性の多様性」を祝福する祭典「東京レインボープライド2015」過去最大の55000人を動員、同性カップルの公開結婚式も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加