ゲイの「タチ」「ウケ」「リバ」比率、5万人のビッグデータより明らかに

多くの男性同性愛者にとって、大きな問題となるのがポジション。 大別して「タチ」「ウケ(古くはネコ)」「リバ(リバーシブルの意から)」の3つがありますが、実際の比率が明らかになりました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

「ホモ本ブックカフェ オカマルト」閉店へ、ゲイカルチャーを後世に残すべく同性愛関連の蔵書1万冊

ネットの普及で雑誌媒体が衰退し、「G-men」「Badi」といった90年代創刊の新しいゲイ雑誌すら休刊してしまった中、ゲイカルチャーを後世に残すべく、1万冊にも及ぶ同性愛関連の蔵書を保有する「ホモ本ブックカフェ オカマルト」が閉店することになりました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

極右集団「Proud Boys」ハッシュタグ、ゲイカップルたちの幸せな写真で完全に乗っ取られる #ProudBoy

先日Buzzap!ではイギリスの有名ブランド「フレッドペリー」がProud Boysの非公式ユニフォームとされた最重要デザインのポロシャツの北米への出荷停止を宣言したことをお伝えしましたが、今度はゲイコミュニティが彼らのハッシュタグを完全にハックしてしまいました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

ブスなゲイたちが輝きを求めるギャグマンガ「アグリっ娘」復活、休刊したバディの人気作品ついに配信開始

「アグリー アンド ラグジュアリー」を合言葉に、ホームパーティーの写真をインスタに載せちゃうようなシャイニーなイケメンたちに憧れるブスなゲイの生態を描いたBadi連載の人気ギャグマンガ「アグリっ娘(原作:小日向)」の配信がスタートしました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

日本最後のゲイ雑誌「サムソン(SAMSON)」休刊、38年の歴史に幕

一時代を築いた「G-men」「バディ」が休刊する中、最後まで残っていたゲイ雑誌までもが休刊することとなりました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

「伝説のおかま」こと東郷健の生き様を「ホモ本ブックカフェ オカマルト」で垣間見てきました

昔のゲイ雑誌をはじめ、多岐にわたるゲイ関連の書籍を読むことができる日本唯一の「ホモ本ブックカフェ オカマルト」。 その様子を2日連続でお届けしました(前編、後編)が、最後に日本のゲイ文化を語る上で、どうしても触れておきたい人物・東郷健氏の生き様を振り返ってみることにしました。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

「ホモ本ブックカフェ オカマルト」で日本初のゲイ雑誌をチェック、生まれ年のゲイシーンも振り返ってみました

先日お届けした第1弾に続いて、ゲイ文化を振り返ることができる貴重なお店「ホモ本ブックカフェ オカマルト」の様子をお届けします。 後編では具体的にどのような本が陳列されているのかを、編集部員の生まれ年に刊行されたゲイ雑誌や戦前戦後の貴重な資料などと合わせてお伝えします。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

同性愛関連の蔵書実に1万冊、二丁目の「ホモ本ブックカフェ オカマルト」はゲイなら一生に一度は行っておくべきお店でした

ネットの普及に伴い雑誌媒体が衰退し、「G-men」「Badi」といった90年代創刊の新しいゲイ雑誌すら休刊してしまった昨今。 ゲイカルチャーを後世に残すことができるのか少し不安な面もある中、今までの歴史を振り返ることができる、非常に貴重なお店が二丁目にあります。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)