ゲイ漫画家・上条毬男さんが死去、G-menやBadiなどで連載

このエントリーをはてなブックマークに追加



90年代創刊の2大ゲイ雑誌を彩った漫画家が亡くなりました。詳細は以下から。

ゲイエロティックアートの巨匠・田亀源五郎氏のツイッターおよびイラストレーター・おおたうにさんのインスタグラムによると、4月23日に上条毬男さんが亡くなったそうです。



上条毬男さんはバディやジーメン黎明期に連載していたゲイ漫画家の一人。

ゲイカップルと訳知り女子を描くなど都市生活者をモチーフにしたトレンディドラマ感ある作風で、ゲイ漫画がコミックス化されることが非常にまれだった中、「Tango」が刊行されていました。

・5/14追記
G-menに執筆していた作家陣が、上条毬男さんに対して続々と追悼の意を表しています。

まずは挿絵を描いてもらっていた小説家・城平海氏。


戎橋政造氏はPNの名付け親だったことなどのエピソードを挙げています。


小説家・紫憂知郎氏も同じくG-menに連載していたゲイ漫画家で、2016年に亡くなった巽大悟さんの名前を挙げつつ追悼しています。

・関連記事
同性愛関連の蔵書実に1万冊、二丁目の「ホモ本ブックカフェ オカマルト」はゲイなら一生に一度は行っておくべきお店でした | BUZZAP!(バザップ!)

日本最後のゲイ雑誌「サムソン(SAMSON)」休刊、38年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

ガチムチ系ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」休刊、21年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイ雑誌「バディ(Badi)」休刊へ、25年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング