格安SIM「mineo」が大容量コース追加、au回線初の10GBプランに

このエントリーをはてなブックマークに追加



au、ドコモの両方の回線を選べるようになったことで、日本で最も利用できるスマホが多い格安SIMとなったmineoに、10GBコースが追加されることになりました。

ドコモ回線を用いて10GB以上のプランを提供する格安SIMは数多くありますが、au回線を用いて10GBプランを提供する事業者はmineoが初となります。詳細は以下から。

これが今回提供されることになったプランの詳細。今まで展開されてきた500MB、1GB、3GB、5GBプランの上に、10GBプランが新設されました。

まずはドコモプラン。データ通信のみの「シングルタイプ」では10GBで月額2520円ですが、シングルタイプでSMSを使う場合、別途120円かかる点に注意が必要です。


続いてauプラン。こちらも「シングルタイプ」は10GB月額2520円でSMS込み。音声通話も使える「デュアルタイプ」ではauのほうがドコモより90円安くなっています。


なお、mineoは携帯電話会社で利用している今のスマホからそのまま乗り換えられるようにするため、全国81店舗の「パソコン工房」「グッドウィル」「ユニットコム秋葉原サポートセンター」「ドクター・ホームネット」を「mineoサポート店」に設定。

mineo契約者向けの特別料金として、1000円でSIM挿入やネットワーク設定、初期メールアドレス変更、標準メールアプリ設定などを提供する「初期設定サポート」を提供するほか、追加有料サポートとして電話帳やデータ移行、訪問サポートなどの提供を1月21日(木)から開始します。

また、新規に音声通話付きのデュアルタイプを申し込むユーザーに、3ヶ月間基本料金が800円割り引かれるほか、データ基本容量に12ヶ月間2GBを毎月追加する「そのまま、安く、乗り換えようキャンペーン」も3月31日(木)まで展開。

eo光の契約者であればシングルタイプ契約でも同様の特典を受けられるほか、eo光+デュアルタイプ契約者に対しては基本料金割引が6ヶ月間に延長されます。

携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」大容量「10GB」コースの提供開始について|プレスリリース|ケイ・オプティコム

・関連記事
格安SIM「mineo」が前代未聞の「フリータンク」提供へ、全国のユーザーでパケットをシェア | BUZZAP!(バザップ!)

富士通初のモバイルルーター「SI-LA(SILA01)」レビュー、au回線(mineo)専用の格安モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

Apple SIM対抗の「Microsoft SIM」まもなく登場、契約不要で国際ローミングも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加