富士通初のモバイルルーター「SI-LA(SILA01)」レビュー、au回線(mineo)専用の格安モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



au・ドコモ回線の両方を使える格安SIM「mineo」が発表した、au回線を格安で利用できるモバイルルーター「SI-LA(SILA01)」のレビューをお届けします。

なんと富士通初となるモデルで、かなり割り切った仕様となっているほか、合わせて発表されたドコモプラン向けルーター「Aterm(MR04LN)」も合わせて解説します。詳細は以下から。

・SI-LA(SILA01)
まずは富士通製モバイルルーター「SI-LA」。auが展開する800MHz、1.5GHz、2.1GHzのLTEすべてに対応したモデルで、本体前面に1.3インチの有機ELディスプレイを搭載。


バッテリー容量は2280mAhで、約6.5時間駆動します。


接続インターフェースはmicroUSB。オーソドックスなモバイルルーターで、ケイ・オプティコムによると「お手頃価格」で提供されるとのこと。



・Aterm(MR04LN)
そしてこちらは以前Buzzap!でもお伝えした、NECのモバイルルーター「Aterm(MR04LN)」。ドコモの800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.1GHzのLTEに対応しており、キャリアアグリゲーションで通信を高速・安定化させることも可能。





バッテリー容量は2300mAhで、最大約12時間駆動可能。Wi-FiではなくBluetoothで接続する場合、最大約24時間の駆動が可能となります。



さらにSIMカードを2枚挿入可能。あくまで切り替えての利用になるものの、「mineo」史上最大のキャンペーンで安価に契約したドコモプランのSIMカードを2枚を挿入して使うという手もあります。

・関連記事
格安SIM「mineo」の2015年冬新スマホ、新サービスまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

6GBで月額100円、iPhoneも使える格安SIM「mineo」史上最大のキャンペーンがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

日本一使えるスマホが多い格安SIM「mineo」契約数が10万件突破 | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「mineo」でau回線のVoLTE利用可能に、サービス開始は11月に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ハイエンド格安5Gスマホ「OnePlus 8」が過去最安の処分価格で販売中、Galaxy S20やXperia 1 IIなどと同性能でほぼ半額に
  2. 【極安スマホ】ソフトバンクの「Lenovo 503LV」が新品3980円で販売中、ただしOSはWindows 10 Mobile
  3. 携帯各社新プラン「povo on au」「LINEMO」の月額2480円に「ahamo」追従せず、ドコモ社長が通話定額抱き合わせを明言
  4. 生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか
  5. Xiaomiの高性能格安スマホ「POCO X3」またも大幅値下がり、6400万画素カメラに120Hzディスプレイ搭載でゲームも動画も撮影もストレス知らず、Banggood.com「2021感謝セール」にて

モバイルに関連した楽天商品ランキング