6GBで月額100円、iPhoneも使える格安SIM「mineo」史上最大のキャンペーンがすごい



従来のau回線に咥えて、新たにドコモ回線を使った「Dプラン」を提供することで、悲願のiPhone対応を果たしたケイ・オプティコムの格安SIM「mineo」。

同社が現在展開しているキャンペーンを適用すると、非常にリーズナブルな料金でiPhone 6sを使えるようになります。詳細は以下から。

◆「mineo史上最大のキャンペーン」とは?
mineo公式サイトによると、現在展開中の「mineo史上最大のキャンペーン」は、10月31日(土)までに新規契約すると6ヶ月間にわたって基本料金から800円が割り引かれるというもの。データ通信のみの契約・1GBコースなら6ヶ月間無料になります。

au回線の「Aプラン」とAQUOS SERIEをセットで契約した場合は、割引期間が24ヶ月間延長。「実際にauで販売されていた、携帯電話会社品質のスマホをサポート付きで安く利用できる」というのは、なかなかお得です。


◆キャンペーン適用で3GBプランが月額100円に
基本料金が6ヶ月間にわたって800円割り引かれる「mineo史上最大のキャンペーン」ですが、同社の料金プランを見てみると、キャンペーン適用時は3GBのデータ通信プランを月額100円で利用できる計算に。


なお、ドコモ回線のDプランでデータ通信のみの「シングルタイプ」契約の場合、SMSを利用するためには別途月額120円が発生しますが、音声通話も可能な「デュアルタイプ」では発生しません。

◆【裏技】複数枚契約+パケットシェアがすごい
そしてこのキャンペーンの醍醐味が、実は「家族割」「複数回線割」と重畳できるという部分。複数回線を契約すれば、回線ごとに50円が割り引かれるため、3GBのデータ通信プランで2回線契約すれば月額100円で6GB、4回線契約なら月額200円で12GB……と、契約数に応じて利用できるデータ量がどんどん増えてゆきます。


そしてパケットシェアを使えば、主回線で他の回線が繰り越したパケットを使うことも。1枚のSIMで6GBを月額100円で使えるという点も、なかなか便利でお得です。


ちなみにmineoはDプラン提供に合わせ、最低利用期間を撤廃した(音声通話プランの場合は1年契約、MNP転出時は手数料が発生)ため、キャンペーン適用後に不要になった回線が出た場合、無料で解約できる点も大きなメリット。

ケイ・オプティコムはドコモプラン申し込み初日に、1日あたりとしては過去最高となる5000件の申込を獲得したことを報道関係者に明かしていますが、これらの施策は実際に高い人気を集めているようです。

・関連記事
正式発表されたiPhone 6s/6s Plus、iPad Pro記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「mineo」でau回線のVoLTE利用可能に、サービス開始は11月に | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「mineo」のドコモプラン料金発表、au回線も値下げで「使える端末が最も多いMVNO」に | BUZZAP!(バザップ!)

au、ドコモ回線の取り扱いやiPhoneは?格安SIM「mineo」のドコモプラン料金発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング