格安SIM「mineo」が前代未聞の「フリータンク」提供へ、全国のユーザーでパケットをシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモ・auの両回線に対応し、日本で利用できるスマホが最も多い格安SIM「mineo」に、いまだかつてなかったサービスが登場します。詳細は以下から。

ケイ・オプティコムのプレスリリースによると、同社は12月17日(木)からmineo向けに新機能「フリータンク」を提供するそうです。

同サービスはユーザーコミュニティサイト「マイネ王」に会員登録(無料)した全国のユーザー同士でパケットを共有する機能。余ったパケットをフリータンクに入れたり、逆にパケットが足りない際にフリータンクから引き出して使用できるようになります。

利用イメージはこんな感じ。フリータンクから引き出せるのは毎月21日~末日で、月に2回・合計1GBまで引き出し可能。フリータンクへ入れる際は、時期や回数に制限は無く、月に合計10GBまで入れることができます。


また、コミュニティサイト「マイネ王」での投稿やコメントに対して「いいね!」感覚でパケットをプレゼントする「チップ」機能も実装。チップ1回につき、自分のパケット10MBを相手にプレゼントできます。


ほかにもユーザーの利便性向上策として、グランフロント大阪内の「mineoアンテナショップ」で、即日契約申込受付がスタートするほか、データ容量を節約するアプリ「mineoスイッチ」にウィジェット機能が新たに追加され、アプリを立ち上げることなく、パケット使用状況などを見ることができるようになります。


通信業界の常識を破る「フリータンク」提供開始および「mineoアンテナショップ」での即日契約開始について|プレスリリース|ケイ・オプティコム

・関連記事
格安スマホ(MVNO)に音声通話定額や携帯各社のWi-Fi提供が検討中 | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「mineo」の新スマホ「arrows M02」速攻レビュー、ドコモ・au回線に両対応 | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM初の完全通話定額サービス「NifMoでんわ」発表、ただし内容は微妙 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加