「ソーラーパネルが植物の光合成を阻害する」としてノースカロライナ州の小さな町が太陽光発電事業を拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Thomas Kohler

クリーンエネルギーとして期待される太陽光発電をアメリカ合衆国の小さな町が拒否したのですが、その理由は驚くべきものでした。詳細は以下から。

東日本大震災以降、日本で大きな注目を浴びてきた太陽光発電。脱原発の進むアメリカ合衆国でも、気候的条件が良好な地域を選んで太陽光発電が盛んに行われています。

しかし東海岸にほど近いノースカロライナ州のウッドランドという小さな町では、太陽光発電のためのソーラーパネルの設置が町議会によって拒否されてしまいました。その理由は住民らの反対運動にあったのですが、理由が一風変わっています。

ウッドランドの住民のBobby Mannさんは「太陽光発電所が太陽エネルギーをダメにしてしまい、ビジネスがウッドランドにやってこなくなる。そして若者たちは町を出て行ってしまう」と主張します。

また、退職前にはノーザンプトンで科学を教える教師だったJane Mannさんは「ソーラーパネルの近くでは植物の光合成が疎外され、木々が育たなくなる」と主張。さらに近隣の地域で癌で死ぬ人が増えていることを挙げ、「ソーラーパネルが癌を引き起こさないと誰も言ってくれない」と述べます。

私は何が起ころうとしているのかを知りたいの。私は情報が欲しいの。十分なものは十分。町が太陽光発電で得る利益がどうかなんて分からないわ。彼らには陰謀があるのよ。この町がどんなダメージを受けるのかが判らないままでどんな契約書にもサインすべきではないわ。


とのことで、科学を教えていた教師だったとは思えない主張を繰り返していたのですが、彼らの集めた署名が町議会を動かし、太陽光発電事業を町から追い出してしまったという事実には愕然とせざるを得ません。

進化論と共に創造論が学校で教えられ、2015年でも4割のアメリカ人が創造論を信じていることを考えると、こうした意見が一笑に付されずに共感を得て議会までもを動かしてしまうのは驚くに値しないのかもしれません。

Nothing To Do With Arbroath Town rejected solar farm plan amid fears that it would 'suck up all the energy from the sun'

(Photo by Thomas Kohler


ソーラーパネル 100W 単結晶 太陽光パネル
イーグルストア
売り上げランキング: 9,899

・関連記事
全世界の電力を太陽光発電するのにどれくらいの面積が必要かひと目で分かる画像 | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大のメガソーラー発電所が上空を飛ぶ鳥を焼き殺していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

電力小売全面自由化まであと1年、私達の電気の選択肢はどう広がるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

常識を覆す「風車のない風力発電機」が登場、低コストで騒音や鳥との衝突事故も解消 | BUZZAP!(バザップ!)

大気中から二酸化炭素を直接取り除き、燃料にできてしまう夢のシステム | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加