完全に「インセプション」の世界、ドローンを使って撮影されたイスタンブールが異次元空間に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドローンとデジタル処理でイスタンブールの街並みがとんでもない異世界になってしまいました。

これはトルコのデジタルアーティストAydin Buyuktasさんが作成した写真シリーズ「Flatland」。Buyuktasさんはドローンによる空中からの撮影とと3Dソフトウェアを使ったデジタル処理によってイスタンブールのスルタンアフメットスクエアやグランバザールを始めとした風景を映画「インセプション」の世界を思わせる異次元空間へと変貌させてしまいました。






ですがBuyuktasさんによると、彼が影響を受けたのは実はインセプションではなく(それでも好きそうではありますが…)Edwin Abbatの「Flatland: A Romance of Many Dimensions」とのこと。なんと1884年に発売されたユークリッド幾何学に関する物語仕立ての本で、まさに古典中の古典。日本語訳はAmazonの中古で9000円近くするという驚きの書物です。







あなたの住んでいる街も視点を変えればこんなにも違って見えてくるのかもしれません。

Aydin Buyuktas turns turkey upside down to form surreal city landscapes

フラットランド
フラットランド
posted with amazlet at 16.01.28
エドウィン・アボット・アボット
日経BP社
売り上げランキング: 529,438

インセプション ブルーレイ版 FR4ME〈フレーム〉仕様(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-12-17)
売り上げランキング: 13,280

・関連記事
まるで「インセプション」、夢を自由自在にコントロールできるアイマスク「remee」が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

ゴッホやピカソまで、写真をどんな画家の画風にでも変換できるアルゴリズムが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

巨大ロボット×20世紀前半の東欧世界を描いたサイバーパンク絵画の世界観がヤバい | BUZZAP!(バザップ!)

ただの「白紙」が奥行きと厚みを持った幽玄な世界へと変わるAngela Glajcarの世界 | BUZZAP!(バザップ!)

6年の歳月を掛け、72万枚目にしてついに撮影されたカワセミのハントの決定的瞬間 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加