国内初の通話機能付きウォッチ「mamorino Watch」をauが発売へ、まさかのVoLTE対応モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが本日「au発表会 for キッズ」を開催し、子ども向け時計端末「mamorino Watch(マモリーノ ウォッチ)」を発表しました。詳細は以下から。

これが3月下旬発売予定の「mamorino Watch」。カラーバリエーションは3色です。


約1.4インチのタッチパネルや410mAhバッテリーを備え、待受時間は通話時間は約130時間。防水 (IPX5/IPX7)・防塵 (IP5X)性能に加え、高さ1.22mから合板 (ラワン材) に26方向で落下させる耐久試験をクリアした「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を実現しています。


身に着けることを強く意識したモデルで、ベルトを外すことでペンダントとしても利用できます。


子どもの居場所を今すぐ確認できる「いますぐサーチ」や、もしもの時の防犯ブザー、保護者の携帯電話にSMSが届く機能なども搭載。


さらにスマホと連携し、子どもと離れるとアラームが鳴る迷子防止機能もあります。



歩きながらの利用を防ぐ機能も。さながら歩きウォッチ防止機能といったところでしょうか。


そして最も大きなポイントが、先行して発売されたNTTドコモの「ドコッチ」などと違い、キッズ向け腕時計タイプの製品として初めて音声通話機能を備えたという点。さらに同様の製品としては初めて3GでなくLTEに対応することで、高音質なau VoLTEでの通話を利用可能に。なお、連続通話時間は約170分です。


専用プランとして月額998円で24時間家族間通話やSMS送受信無料、1~21時までのau携帯電話への通話が無料になる「mamorino Watch」プランが提供。なお、通信速度は上下ともに128kbpsです。


実際に子どもが着けている様子はこんな感じ。







また、YouTubeのau公式アカウントでは、実際にmamorino Watchを使って子どもと母親がやりとりする様子をドラマ仕立てにした「勇者息子の大冒険」が公開されています。


身につけるから、忘れない! 国内初! 通話もできるキッズウォッチ「mamorino Watch (マモリーノ ウォッチ)」登場! | 2016年 | KDDI株式会社

・関連記事
【2016年版】ドコモ・au・ソフトバンクの「学割」比較まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【無料公開】世界最速のスマホ文字入力アプリ「Fleksy」日本語版をKDDI研究所が共同開発、誤入力を簡単補正 | BUZZAP!(バザップ!)

【特報】auでんきが関西で炸裂、まさかの最大12%還元へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加