【無料公開】世界最速のスマホ文字入力アプリ「Fleksy」日本語版をKDDI研究所が共同開発、誤入力を簡単補正

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界最速の文字入力を実現するスマホアプリとしてギネスブックに認定されている「Fleksy」日本語版をKDDI研究所が無料公開しました。詳細は以下から。

KDDI研究所のプレスリリースによると、同社はアメリカのFleksy社と共に、スマホ向け文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版を共同開発し、本日からGoogle Playで公開を開始したそうです。

Fleksyは、独自の「ジェスチャー操作UI」によって、スマホで文字を入力する際に発生する誤入力を、スワイプするだけで簡単に自動補正できるアプリ。

文字入力を誤っても正確な単語へ変換できるため、高速な文字入力を実現できるだけでなく、スマホでの文字入力に自信が無いユーザーや、視覚障がいがあるユーザーであっても、正確な文字入力をサポートできるとされています。

なお、「Fleksy」は世界最速文字入力アプリとしてギネスブックに認定されており、2015年12月時点で1000万件以上のダウンロード実績があるほか、Google Playの「Editor’s Choiceアプリ」として選出されるなど、世界中のユーザーから高い評価を獲得。

今回KDDI研究所はFleksyが従来実装していた「QWERTY入力」に加えて、日本語独自の入力方式である「フリック入力」に対応させたほか、研究所が有する文字入力や自然言語解析の技術を活用し、日本語入力に対応した「ジェスチャー操作UI」と「誤入力自動補正機能」を実装しています。

どれだけ快適なのかを実際にアピールしている動画。


まずはQWERTY入力。もう何を打っているのか分からないような感じになってしまっていても……


グレーの帯が引かれたラインをスワイプするだけで、「このキーボードは最高」と見事変換してくれました。


どんなにミスしても修正できます。



そして今回、日本語対応するにあたってフリック入力もサポートしています。



ちなみにKDDI研究所によると、Fleksyは指の動きを察知して誤入力から正しい文章を推測する仕組みを採用しているため、フリック入力の際に「さ」を打つつもりで「か」と打ってしまった場合などに自動補正が働くとのこと。

一方で「ありがとうございま」など、個性を出すためにわざと入力したものについても自動補正の対象となってしまいますが、たとえば「ふ」と打つ時のみ一度軽く指を離して入力する・あえてしっかり「ふ」を選ぶようなフリックを行う……といった動作をすると、指の動きから「意図的に誤入力させた」と判別され、補正されずに済む点も特徴です。


Fleksy + GIF Keyboard - Google Play の Android アプリ

世界最速スマホ文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版を開発! ~スワイプするだけで誤入力を自動補正~ | 2016年 | 株式会社KDDI研究所

【検証】ためすてみますた! 誤入力を自動で直してくれる「Fleksy」がスゴい! | TS すぐやる部 | デジカルCOLUMN | 明日をちょこっとHAPPY!にするデジカル系情報マガジン TIME&SPACE(タイムアンドスペース)

・関連記事
【2016年版】ドコモ・au・ソフトバンクの「学割」比較まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【特報】auでんきが関西で炸裂、まさかの最大12%還元へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがauの2016年春モデル発表、独自ブランド「Qua」本格展開や780GBプレゼントの学割も | BUZZAP!(バザップ!)

携帯3社が「実効速度」を公開、「最速」のはずのソフトバンクが最下位に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加