【悲報】スタバのフレーバードリンクにコーラを遥かに超える砂糖が入っていた

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Faye

砂糖を摂り過ぎる元凶のように言われるコーラですが、スタバのドリンクに入っている砂糖の量はそれよりも遥かに多い場合があることが判明しました。

コカ・コーラ1缶に含まれる砂糖はティースプーン9杯分。その驚くほどの多さに肥満の原因のひとつだという認識は広く共有されています。しかし、何の気なしに飲んでいるスターバックスなどのコーヒーチェーン店のホットドリンクに含まれる砂糖はそれよりも遥かに多い場合があります。

イギリスのキャンペーングループの「Action on Sugar」はスターバックスやマクドナルド、ケンタッキーフライドチキンなどの有名チェーン店の130のホットドリンクに含まれる砂糖の量を比較。その結果98%が糖分過多であることが分かりました。

その中で最も多く砂糖が含まれていたのがスターバックスの「Hot Mulled Fruit - Grape with Chai, Orange and Cinnamon Venti」というドリンク。ここにはなんとティースプーン25杯分、99gもの砂糖が入っていたのです。

世界保健機関(WHO)が2014年に発表した新ガイドラインによると、推奨される1日あたりの糖分摂取量は25gまで。これは缶コーラ1本でもアウトになってしまう量ですが、スターバックスのこのドリンク1杯で4日分の糖分を摂取してしまうことになります。

なお、スターバックスによく行く方は気付かれたと思いますが、上記ドリンクはVentiという日本ではなかなかオーダーしない最も大きなサイズ。通常のショートサイズを主にオーダーしている人がいきなりここまでカロリーオーバーすることはありません。

しかしグラフを見ると、同じVentiサイズでお馴染みメニューのキャラメルマキアートはティースプーン11杯で42.1gと、メニューによって大きく差があることが分かります。期間限定のフレーバードリンクなど、普段飲まないドリンクをオーダーしようとする時、そここにどれくらい砂糖が入っているか、一度考えてみたほうがよいかもしれません。

もちろんたまには自分にご褒美も必要ですが、毎日こうしたカフェに通う習慣のある人はそのドリンクがコーラよりも肥満や生活習慣病の引き金になる可能性があることは忘れない方がよさそうです。

'Shocking' sugar levels in High Street hot drinks, warns charity - BBC News

(Photo by Faye

・関連記事
スターバックスコーヒー1杯の最高値更新、そのあまりにもてんこ盛りな内容物は? | BUZZAP!(バザップ!)

【実験】1リットルのコーラを煮詰めたら一体どれだけの糖分が残るのか BUZZAP!(バザップ!)

これが人工甘味料じゃで満足できない理由?炭水化物を快楽刺激として感じ取る「第六感」が舌に備わっていることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

砂糖は規制すべき現代の最も危険なドラッグであるとの警告 BUZZAP!(バザップ!)

高カロリー高脂肪食品にはコカインやモルヒネ以上の中毒性があると判明 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加