白人至上主義団体KKKの前リーダーがドナルド・トランプ候補の支持を公言、賛同者らに選挙への協力を促す

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドナルド・トランプ候補を人種差別組織KKKの前リーダーが支持する旨を公言し、同じ思想を持つ賛同者らに投票と選挙への協力を呼びかけました。詳細は以下から。

イスラム教徒やメキシコ系移民、身体障害者らへの聞くに堪えないヘイトスピーチを垂れ流しながらも共和党の大統領候補として快進撃を続けるドナルド・トランプ候補。まさに同じ穴の狢というべき人種差別組織クー・クラックス・クラン(KKK)の前リーダーが支持を公言しました。

白人至上主義を訴える人種差別組織KKKの前リーダーで、現在は自らのラジオDavid Duke Radio Programを運営するDavid Dukeは2月24日の放送で、同じ白人至上主義思想を持つリスナーたちに向けて「現時点でドナルド・トランプに敵対する投票行為を行うのは、真におまえの受け継いできた遺産に反逆することになる」と述べてトランプ候補を支持することを公言。

Dukeは公的にトランプ候補を支持するのではないとしながらも、リスナーに対してトランプ候補の選挙キャンペーンに「戦略的行為」として携わるよう求めています。

この放送が終わったら共和党に連絡を取れ。ただしドナルド・トランプの事務所でなきゃだめだ。そこでボランティアになるんだ。


本来であればこうした人種差別組織に支持を公言されるのは大統領候補にとっては致命的なダメージであったはず。しかし、既に多くのヘイトスピーチを吐き、多方面に差別を振りまいてすらなお高い支持率を誇るトランプ候補にとっては、この程度では蚊に刺されたほどの痛みすら感じないのかもしれません。

アメリカ合衆国のメディアからは既に切実な危機感が溢れ始めていますが、トランプ候補は既に日本に対しても強硬なバッシングを行っており、決して対岸の火事ではありません。

Former KKK Grand Wizard Urges Followers to Vote for Donald Trump Complex

欧米社会の集団妄想とカルト症候群――少年十字軍、千年王国、魔女狩り、KKK、人種主義の生成と連鎖
浜本 隆志 柏木 治 高田 博行 浜本 隆三 細川 裕史 溝井 裕一 森 貴史
明石書店 (2015-09-18)
売り上げランキング: 594,693

関連記事
自分の差別を正当化したい人が使う典型的な論法「I have black friends」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

「トランプが大統領になったらケープ・ブレトン島へどうぞ」カナダの島がアメリカ人移住者を募集 | BUZZAP!(バザップ!)

【マジキチ】トランプ米大統領候補、イスラム教徒入国禁止要求批判に「今は戦争状態で他に選択肢はない」→支持トップ変わらず | BUZZAP!(バザップ!)

ドナルド・トランプ入国禁止署名サイトが「希望者殺到」でダウン、署名は40万筆を突破 | BUZZAP!(バザップ!)

20年前、数万人のイスラム教徒を受け入れたアメリカの街に何が起こったか | BUZZAP!(バザップ!)

ハッカー集団anonymousが人種差別組織KKKの構成員1000人の身元を世界中にぶちまけると宣言 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加