「鶏肉を食べるとあなたの息子のムスコが小さくなる」世界最大の動物愛護団体PETAが謎主張

このエントリーをはてなブックマークに追加



動物愛護団体PETAが鶏肉食に関する強引な広告を打ってきました。

以前BUZZAP!でも保護された動物の9割が安楽死させていたことを記事化した世界最大の動物愛護団体「PETA」。これまでも動物愛護に関して過激なアピールや広告を打ち出してきましたが、今回は鶏肉食をやり玉に挙げています。


PETAが4月1日にFacebookページに掲載した動画は「鶏肉を食べるとあなたの息子のムスコが小さくなる(Eating Chicken Can Make Your Kid's Dick Small)」という題名のもの。エイプリルフールかと思いきや、冗談めかしながらも真面目にこれを主張しています。動画は以下から。


PETAの主張によると、殺虫剤や塗料、梱包材、プラスチックなどに用いられているフタル酸が鶏肉からも検出され、このフタル酸を食べている母親の将来生まれる息子は男性器が小さくなるというもの。

この奇妙で強引な主張の根拠とされているのが2008年にアメリカ国立衛生研究所が出した報告書です。この中で母親のフタル酸への曝露と生まれてきた息子の男性器のサイズについての言及があります。

それによると、106人の被験者の男の子のうち「小さい」とされた29人の母親全員が「低レベル」以上のフタル酸への曝露があり、一方「大きい」とされた28人の母親の中で「高レベル」のフタル酸への曝露があったのはひとりだけでした。報告書は「これらの発見はこれまであった低レベルのフタル酸への曝露が男性器の発育に影響があるという認識を是認するものだ」としています。

ただし、この報告書には鶏肉と将来生まれる息子の男性器のサイズについての言及がないばかりか、鶏肉についての言及もありません。報告書では「フタル酸は室内環境では空気からもハウスダストからも検出される。さらには飲み水や牛乳などからも検出されているが、どういった場所や経路で曝露に結びついているかという相対的な寄与度については分かっていない」としています。


つまり、PETAが行っているのは論理の飛躍であり、短絡的な結論づけとしか言い様のないもの。いったいどれほどの量のフタル酸が通常の鶏肉から検出され、母親がどの程度の量をどの程度の頻度で食べると、将来生まれる息子の男性器にどれほどの影響が出るのかについて何ら研究の結果が示されていないにも関わらず、「鶏肉を食べれば食べるほど男性器はより小さくなる」などと不安を煽り立てているのです。

PETAのBen Williamson上級国際メディアディレクターはViceの取材に対して「PETAのユーモラスな新しい映像はシンプルに新しい親たちに鶏肉食と男性器の発育阻害の間にある潜在的な危険について警告を発しようとしているんだ」と述べていますが、なかなか見ない程に明白な不安商法であると言わざるを得ません。


動物愛護は非常に素晴らしいことではありますが、そのためなら事実を曲げ、理路をすっ飛ばし、これ見よがしに不安を煽り立てたり特定の対象を攻撃するというやり方が認められるものではありません。

PETA Just Made A Very Bizarre Claim About What Eating Chicken Will Do To You IFLScience

・関連記事
世界最大の動物愛護団体「PETA」の実態、保護された動物の9割が安楽死 | BUZZAP!(バザップ!)

【天才現る】動物保護施設の老犬たちをプロが無料でグルーミング→引き取り手が増加 | BUZZAP!(バザップ!)

里親を見つけたペットが累計5万匹を超える里親募集サイト「ペットのおうち」 | BUZZAP!(バザップ!)

ノーベル生理学・医学賞の偉人、大村智博士の開発した薬品が犬の平均寿命を大きく伸ばしていた | BUZZAP!(バザップ!)

2014年度にペットショップで売られた犬猫の3%、2万3千匹が流通過程で死亡していたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加