仮想空間に3Dでお絵描きしまくれるGoogleの「Tilt Brush」がすごいことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



PCやタブレットで絵を描くのは当たり前になってきましたが、ヘッドマウント型ディスプレイと専用のブラシで仮想空間に絵をかけるようになるGoogleの新技術が非常に面白いことになりそうです。

GoogleのData Arts teamが開発したTilt Brushは極めて平たくいえばお絵描き用のツール。ですが、絵を描くのは紙やキャンパスでもなければ、PCやタブレットのディスプレイでもありません。

Tilt Brushはヘッドマウント型ディスプレイを被って使うことで、仮想空間(VR)内に3Dで自由自在に絵をかけてしまうというもの。どんなことができるかはGoogleの動画をご覧下さい。

Tilt Brush Painting from a new perspective - YouTube


Tilt Brushの面白いところは、アーティストの作品を360度どの角度からも観賞できるということ。彫刻やインスタレーションなどとも近いですが、絵画というジャンルにおいてこうした表現方法が誰にでも手軽にできるようになるのは大きな変革です。

さらに受け手から見れば、今後ヘッドマウント型ディスプレイを用いて鑑賞するタイプの芸術作品なり、エンターテインメントとしてのコンテンツなどが増加していくことにも繋がりそう。Tilt Brushによって生み出されたキャラクターが動き回る映画やゲームを仮想空間で楽しめるなんて未来も遠くはないのかもしれません。

Tilt Brush, A Tool for Painting and Creating Stunning Art in Virtual Reality

Galaxy Gear VR S6/S6 edge対応 SM-R322NZWAXJP
by Galaxy (2015-12-18)
売り上げランキング: 5,291

・関連記事
ソニーが「PlayStation VR(PS VR)」を2016年10月発売へ、競合の半額となる4万4980円に | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの部屋がそのままステージに、マイクロソフトの拡張現実ゲーム「Project X-Ray」が未来過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

描かれた絵がその場で動き出す、アナログとデジタルを融合させた拡張現実的映像作品「XOVER」 | BUZZAP!(バザップ!)

【実験】話題のVRヘッドセット「Oculus Rift」で仮想ジェットコースターを体験中の人の背中を押すとどうなるか | BUZZAP!(バザップ!)


小型無人ヘリのフランスの林の中でのレースが完全にスターウォーズ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加