高耐久&超高性能&大容量バッテリー、何も妥協しない「Galaxy S7 Active」がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加



京セラの「TORQUE」シリーズをはじめ、高耐久をうたうスマホは数多くあるものの、耐久性のために性能が犠牲になっている部分があるのも事実。しかしそんな中、何一つ妥協しないスマホが発売されることになりました。詳細は以下から。

これが海外サイトでリークされた「Galaxy S7 Active」の本体画像。2014年にドコモが発売した「Galaxy S5 Active」同様、Galaxyシリーズの高耐久スマホという位置付けです。


驚くべきはその性能。あくまで正式発表前の情報ではありますが、5.1インチWQHD(2560×1440)のスーパーAMOLED(有機EL)ディスプレイにSnapdragon 820、4GB RAM/32GB ROM、1200万画素背面カメラおよび500万画素前面カメラを搭載するなど、ハイエンドスマホと並ぶスペックを実現しており、OSにはAndroid 6.0を採用しています。


また、厚みは9.9mm、重さは185グラムにもかかわらず、4000mAhの大容量バッテリーを搭載。側面が丸くカーブしており、落とした時に画面が割れてしまいそうな「Galaxy S7 edge」よりも頑丈そうで欲しい……というユーザーも少なくないのではないでしょうか。

なお、残念ながらGalaxy S7 Activeは前モデル「Galaxy S6 Active」と同じく、アメリカのAT&T独占販売になる見込みとのこと。Galaxy S5 Activeのように、ドコモの冬モデルとして投入される可能性が無いのかが気になるところです。

Samsung Galaxy S7 Active's full specs revealed ahead of AT&T launch | VentureBeat | Mobile | by Evan Blass

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」再び1万5000円に大幅値下がり、本格カメラやAIを使った各種機能が便利な高性能SIMフリー格安スマホ
  2. 非接触体温計にもなる新型コロナ対応の高機能格安スマホ「UMIDIGI A9 Pro」、いきなり1万円台前半で10月16日に世界同時発売へ
  3. 【速報】性能大幅アップの「AQUOS sense5G」「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」速攻レビュー、史上最大画面や最大バッテリーなど機種ごとに特徴も
  4. ただでさえ国内最安のSnapdragon 845スマホ「ZenFone 5Z」、えげつないほどの低価格で販売中
  5. 3万円台でSnapdragon 855搭載の超格安スマホ「Xiaomi Mi 9T Pro」爆誕、4800万画素カメラやノッチレス有機ELも

モバイルに関連した楽天商品ランキング