スマホの通信速度が最大2倍に向上へ、「256QAM」などを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホの通信速度が一気に向上することが明らかになりました。詳細は以下から。

朝日新聞社の報道によると、総務省の有識者会議が5月24日に新技術の使用を認める答申を出したそうです。

具体的には複数の周波数帯を束ねることで高速化する「キャリアアグリゲーション」を送信時にも使用できるようにすることで、上りの通信速度を最大2倍にするとのこと。

また、受信時に「256QAM」と呼ばれる変調方式を採用することで、下りの通信速度が最大1.33倍になることで、さらに高速通信が可能に。総務省は8月にも省令改正などの手続きを終える方針とされています。

おそらく2016年秋モデル発売に合わせてサービスが開始されるとみられるこれらの通信技術。報道では「いずれの技術も実際に使うには新しい端末が必要で、各社は8月以降に発売するスマホに新機能を導入するとみられる」とされています。

しかし今夏発売の「Xperia X Performance」「Galaxy S7 edge」などが備えている「Snapdragon 820」は256QAMおよび送信時キャリアアグリゲーションをサポートしているだけに、何らかの対応を期待したいところです。

スマホ通信速度、夏にも最大2倍 周波数複数組み合わせ:朝日新聞デジタル

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい
  3. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに

モバイルに関連した楽天商品ランキング