災害発生時の通信途絶に、ドローン活用のEメール配送システムをKDDIが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



東日本大震災、そして熊本地震を経て、一つ判明したことが、「どれだけ対策を進めていても、災害発生時に通信できない地域が発生してしまう」という点。

基地局の電源が断たれるだけでなく、基幹回線の切断や、基地局自体の損壊など、その理由はさまざまですが、そんな中でもEメールを配送できるようにするシステムをKDDI研究所が開発しました。詳細は以下から。

ワイヤレスジャパン2016のKDDI研究所ブースに展示されていた「無人航空機を活用したEメール配送システム」。


こちらは孤立地域向けのセット一式。被災者向けWi-Fi、バッテリー、サーバー、そして無人機向け通信装置一式が格納されています。


今回開発されたシステムの説明。孤立地域では上記のシステムとスマホをWi-Fi接続し、被災者がEメールを作成→送信。送信されたメールはサーバーに蓄積されます。


すると孤立地域上空に、非孤立地域からドローンが飛んできてサーバーと通信。非孤立地域へ戻ったあと、蓄積しておいたEメールをインターネット上に配信するという仕組みです。


こちらが実際に活用されるドローン。メッセージ集配装置を搭載しています。



集配装置の中身は汎用品のモバイルバッテリー、孤立地域に設置されたサーバーと通信するための装置、そして受信したデータを蓄積するための小型サーバー。


ドローンが持ち帰ったデータは、このようなメッセージゲートウェイを介してインターネット上に配信されるわけです。




今年2月に実際に行われたデモの様子を収めたムービーはこちら。


あくまで音声通話やデータ通信の復旧までの措置ではあるものの、ドローンを活用した新たなアプローチとなるEメール配送システム。被災地が数十キロメートル離れていても、地上道路などの復旧状況に関わらず対応できるとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング