これがいつかはスマホサイズに、あまりに巨大なIntelの「5Gモバイル・トライアル・プラットフォーム」

このエントリーをはてなブックマークに追加



2020年商用化に向けて関連業界が盛り上がりを見せる「5G(第5世代携帯電話)」。

今までのような「Mbps」ではなく、「Gbps」単位の超高速通信を利用できるようになると期待されていますが、その実験に用いられる端末は、「これが本当に将来、スマホに搭載できるサイズになるのか……?」と思ってしまうほど巨大です。詳細は以下から。

ワイヤレスジャパン2016の「5G Tokyo Bay Summitパビリオン」にあるIntelブース。同ブースでは5G通信の実証実験用端末「5Gモバイル・トライアル・プラットフォーム」が展示されていますが、どう見ても「スタイリッシュなデスクトップパソコン」といった風貌です……


背面にはUSBをはじめとした各種インターフェース。


Xperia Z3を並べてみると、その大きさが分かるかもしれません。これが数年後にはスマホに搭載できるサイズになると考えると、驚くべきものがあります。


5Gモバイル・トライアル・プラットフォームは、最大800MHzの帯域幅に対応可能。キャリアアグリゲーション対応スマホが最大50MHz程度しかカバーできていないことを考えると、とんでもない数字であることが分かります。


100MHzで下り最大606Mbpsのデータ転送速度を実現。800MHzということは、実に4.8Gbpsということになります。


なお、Intelの説明員によると、同社は今後もWiMAXパソコンやLTEパソコンのような、モバイルネットワークに接続できるプラットフォームの普及を推進していくとのことで、今回展示されている5Gモバイル・トライアル・プラットフォームも、その一環とのこと。

NTTドコモが5Gの展開を推進する周波数帯以外にも、世界各国で研究されている5G向け周波数帯をサポートしているとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング