これがいつかはスマホサイズに、あまりに巨大なIntelの「5Gモバイル・トライアル・プラットフォーム」



2020年商用化に向けて関連業界が盛り上がりを見せる「5G(第5世代携帯電話)」。

今までのような「Mbps」ではなく、「Gbps」単位の超高速通信を利用できるようになると期待されていますが、その実験に用いられる端末は、「これが本当に将来、スマホに搭載できるサイズになるのか……?」と思ってしまうほど巨大です。詳細は以下から。

ワイヤレスジャパン2016の「5G Tokyo Bay Summitパビリオン」にあるIntelブース。同ブースでは5G通信の実証実験用端末「5Gモバイル・トライアル・プラットフォーム」が展示されていますが、どう見ても「スタイリッシュなデスクトップパソコン」といった風貌です……


背面にはUSBをはじめとした各種インターフェース。


Xperia Z3を並べてみると、その大きさが分かるかもしれません。これが数年後にはスマホに搭載できるサイズになると考えると、驚くべきものがあります。


5Gモバイル・トライアル・プラットフォームは、最大800MHzの帯域幅に対応可能。キャリアアグリゲーション対応スマホが最大50MHz程度しかカバーできていないことを考えると、とんでもない数字であることが分かります。


100MHzで下り最大606Mbpsのデータ転送速度を実現。800MHzということは、実に4.8Gbpsということになります。


なお、Intelの説明員によると、同社は今後もWiMAXパソコンやLTEパソコンのような、モバイルネットワークに接続できるプラットフォームの普及を推進していくとのことで、今回展示されている5Gモバイル・トライアル・プラットフォームも、その一環とのこと。

NTTドコモが5Gの展開を推進する周波数帯以外にも、世界各国で研究されている5G向け周波数帯をサポートしているとしています。

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  2. Xiaomi格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げ、iPhone 14 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応
  3. 「Snapdragon 8 Gen 2」Apple M1超えの快挙、AndroidスマホがiPhoneより高性能に
  4. 【過去最安】Anker最高峰「GaNPrime」採用の充電器やモバイルバッテリーが大幅値下げ、スマホやタブレット、パソコンを複数台同時に急速充電できる超高出力モデルが軒並み格安に
  5. 「不良品率80%以上」サムスンの3nmプロセス危機的状況に、TSMC追撃に向けて生産工程見直しへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング