Snapdragon 820/6GB RAMのトンデモスマホ「AXON 7」発表、音・カメラにもこだわり

このエントリーをはてなブックマークに追加



まだまだ2~3GB RAMを備えたスマホが一般的な中、6GBというとんでもない容量のRAMを備えたフルスペックスマホが発表されました。詳細は以下から。

これが新たに発表された「AXON 7」。5.5インチWQHD(2560×1440)有機ELディスプレイを搭載しており、OSはAndroid 6.0ベースの「MiFavor4.0」を採用。


Snapdragon 820に像面位相差オートフォーカス、光学手ブレ補正対応のF1.8 2000万画素背面カメラおよびF2.2、800万画素前面カメラを搭載。バッテリー容量は3250mAh(Quick Charge 3.0対応)で、6GB RAM/128GB ROMないし4GB RAM/64GB ROMモデルがラインナップされます。


高級感あるメタルボディやこだわりの高スペックもさることながら、本体前面にはDolby Atmosのサラウンドに対応したデュアルスピーカーを搭載しており、旭化成エレクトロニクス社(AKM)のオーディオ専用チップ「AK4961」と「AK4490」によってハイクオリティなHi-Fiサウンドも実現しています。


ちなみに中国市場向けモデルの対応ネットワークはこんな感じ。FDD-LTE/TD-LTE両対応はもちろん、3GでW-CDMAとCDMA2000をサポートするなど、日本向けモデルが楽しみになるサポート状況です。

4G(FDD-LTE:B1/2/3/5/7/8、TDD-LTE:B38/39/40/41)
3G(TD-SCDMA:B34/39、W-CDMA:B1/2/5/8、CDMA 1X/EVDO:BC0)
2G(GSM:B2/3/5/8)

さらにAXON 7を活用したVR端末「ZTE VR」も登場。


ZTEはGoogleのAndroid向けVRプラットフォーム「Daydream」に対応したスマホを発売する最初の企業の1つとなっています。


SIMフリースマホがにぎわう前はソフトバンクのローエンド・多色展開スマホ「STAR 7 009Z」やモバイルルーター、みまもりGPS、通信機能付きフォトフレームなどでしか実績のなかったZTE。

気が付けば有名メーカー各社のフラッグシップスマホと肩を並べるモデルを展開できるレベルにまで成長しています。

[ZTE Corp.] フラッグシップモデル「AXON 7」を発表、世界的ピアニスト郎朗(ラン・ラン)がブランド・アンバサダーに - ZTE Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加