Surface PhoneはSnapdragon 830と8GB RAM採用か、Galaxy Note 6が対抗へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトがモバイルでの苦境を打開するため、スマホとしては類をみない8GBという超大容量RAMに500GBのストレージを備えた「Surface Phone」を投入する方針であることを先日Buzzap!でお伝えしましたが、さらなる詳細が明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、マイクロソフトはSurface Phoneの目玉として世界初の取り組みを複数盛り込む方針で、その一環として挙がっているのがクアルコムの未発表プロセッサ「Snapdragon 830」と、8GB RAMの採用だそうです。

これは先日、マイクロソフトが開発者向けページにWindows 10の動作要件として、Snapdragon 830とみられる「MSM8998」というプロセッサを掲載(現在は削除)していたことを受けたもの。

Snapdragon 830は最大8GBのRAMをサポートするとみられているため、Surface Phoneの「8GB RAM搭載」というリーク情報にも一致しています。

現時点でスマホのRAM容量はZenfone 2のハイエンドモデルなどにも採用された4GBが最高ですが、Samsungもマイクロソフトに対抗する形で、開発中の新型ファブレット「Galaxy Note 6」に8GBに近いRAMを搭載するのではないかとみられているとのこと。

256MB、512MB、1GB、2GB、3GB……と進化してきたスマホのRAM容量ですが、ここにきて飛躍的に進化することとなりそうです。

Microsoft Surface Phone might be first to bring 8GB of RAM and Snapdragon 830 - Pocket-lint

・関連記事
マイクロソフトが「Surface Phone」発売か、8GB RAM・500GBストレージ搭載の超絶スペックに | BUZZAP!(バザップ!)

Surface Pro 4と同性能で半額以下、コスパ最強タブレット「Cube i9」 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】Windows 10 MobileスマホでMSの巻き返しは困難、Androidアプリ移植のProject Astoriaも頓挫か | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが「VAIO Phone Biz」発売へ、Windows 10 Mobileスマホで突出した性能に | BUZZAP!(バザップ!)

全世界で販売中のWindows Phoneをまとめたインフォグラフィック公開、課題が浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加