【動画】1000年間誰も演奏できず、眠り続けた中世音楽が再現される

このエントリーをはてなブックマークに追加



20年間の地道な研究によって、1000年間誰にも聴かれることなく眠り続けていた楽曲が再現されました。

ケンブリッジ大学の研究者らによって、古代ローマの哲学者ボエティウスの著書「哲学の慰め」をベースにした中世音楽の楽曲が現代に蘇りました。この書物は6世紀にボエティウスが投獄され、反逆罪により処刑される前に記されたもので、彼の最高傑作とされています。

この楽曲がなぜ長きに渡って演奏されなかったのかというと、その理由は楽曲が「ネウマ譜」という中世独特の表記法で描かれていたため。ネウマ譜では現在使われているような曲譜の代わりに旋律の概要が書かれており、それが曲譜への翻訳を極めて難しいものにしていました。研究チームのSam Barrett博士によると

ネウマ譜は旋律の方向やボーカルの運びなどは指示されるのですが、音程は示されないため、これが大きな問題となります。私たちは旋律の輪郭やどのように歌うのかというディティールは分かるのですが、肝心の正確な音階が分からなかったのです。


とのことで、普通に考えれば無理ゲーです。しかし研究者らは「音楽史上のロゼッタストーン」とでも言うべき、142年前に失われた11世紀の手稿を再発見。原曲の8割から9割までを復元するに至りました。

その再現された楽曲の演奏動画が以下の2本。どちらも1分少々抜粋となっています。全編聴きたいところですが…。

Carmina qui quondam (excerpt) - Boethius, Consolation of Philosophy I 1 - YouTube


Heu quam praecipiti (excerpt) - Boethius, Consolation of Philosophy I 2 - YouTube


ふと雅楽のように聞こえる箇所があったりと、とても興味深いもの。他の楽曲も同様に再現されていくことになるのでしょうか?

You Can Now Listen To A Song That Hasn't Been Played For 1,000 Years IFLScience

中世ルネサンス音楽への招待状
ウエルガス・アンサンブル
ソニー・ミュージックレコーズ (1993-11-21)
売り上げランキング: 2,509

・関連記事
レオナルド・ダ・ヴィンチが500年前に考案したピアノ型の楽器が現実に制作、演奏される | BUZZAP!(バザップ!)

シンセサイザーもびっくりの宇宙的音響を奏でられるオリジナルのアコースティック楽器 | BUZZAP!(バザップ!)

ブライアン・イーノが新アルバム「The Ship」を4月29日に発売、試聴も可能 | BUZZAP!(バザップ!)

【貴重】ルイ・アームストロングにデューク・エリントンも、ジャズ初期の音源1000時間分が無料DL放題 | BUZZAP!(バザップ!)

【宝の山】80~90’sのノイズ・実験音楽のカセットテープ音源30GBが無料DL放題 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加