シンセサイザーもびっくりの宇宙的音響を奏でられるオリジナルのアコースティック楽器

このエントリーをはてなブックマークに追加



まるでシンセサイザーを演奏しているような音楽をアコースティックで実現できる楽器が発明されました。必聴です!

この不思議なアコースティック楽器の名前はYaybahar。トルコのイスタンブールで活動する音楽家のGorkem Senさんが発明したものです。

ひとりでは抱えきれないほどの長いネックに2つのドラムのような膜が取り付けられており、木琴などに使うマレットで叩いたり、ヴァイオリンのように弓で弾くこともできます。



似た楽器がないため説明は難しいのですが、奏でられる音はまるでシンセサイザーのつまみをいじり倒したようなスペイシーなもの。インドや中東の雰囲気をそこはかとなく感じさせつつも、そのバリエーションの豊かさに驚かされます。ぜひじっくり動画でご覧ください。それにしても素敵な眺めの素敵なスタジオです。

Yaybahar by Gorkem Sen on Vimeo


こちらのSoundcloudのページからはGorkem Senさんの即興演奏の音源をいくつか聴くことができます。併せてお試しあれ。

gorkemsen’s stream on SoundCloud - Hear the world’s sounds

オリジナル楽器というと明和電機を思い出しますが、こうした面白い楽器の試み、増えていくと音楽の幅がさらに広がりそうですね。

A New Acoustic Instrument That Creates Sounds like a Digital Synthesizer Colossal

オタマトーン(ホワイト)
キューブ (2009-11-01)
売り上げランキング: 4,124

・関連記事
明和電機ファンの愛が詰まった“公式”二次創作即売会「ジョイフル明和」レポート BUZZAP!(バザップ!)

楽器としてMIDIで演奏できるテスラ・コイル自作キット「oneTesla」 BUZZAP!(バザップ!)

世界初の「エレキ・スチールパン」が大人の科学のふろくに BUZZAP!(バザップ!)

たった1本の弦から強烈な音楽を生み出すジャマイカ人シンガーBrushy One String BUZZAP!(バザップ!)

レオナルド・ダ・ヴィンチが500年前に考案したピアノ型の楽器が現実に制作、演奏される BUZZAP!(バザップ!)

クラフトワークやセックス・ピストルズらのドローンアンビエントリミックス映像が激ヤバすぎる! BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加