ソフトバンクのプリペイドがMNP・長期割引付きの「シンプルスタイル」に、初のXperia Z3は11月21日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクがプリペイドサービスのテコ入れを行いました。詳細は以下から。

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は11月下旬から現在提供しているプリペイドサービス「プリモバイル」「プリスマ」を「シンプルスタイル」に変更するそうです。

シンプルスタイルの提供に合わせ、スマホ向けプリペイドサービスで提供しているパケット定額サービスの「30日プラン」の利用料金が7000円から4980円に割引されるキャンペーンを展開。

NTTドコモおよびauからMNPで乗り換える場合に「30日プラン」が12回目まで3980円となる「MNP割」と、30日プランを12回購入すると13回目以降の料金が3980円となる「長期割」も提供されるとしています。

なお、公式ページでの記載によると、プリペイドであっても月間1.2GBを超えると通信速度が制御(=おそらくフルスピードが出なくなる)される場合があるとのこと。

さらに月間のパケット通信量にかかわらず、2日プランは200MB、7日プランは700MB、30日プランは3GBを超えた場合、プラン終了日まで通信速度を制限(=おそらく128kbps制限)されるとしています。

プリペイドサービスの名称を「シンプルスタイル」に変更 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

また、同じタイミングで同社初のソニー製スマホ「Xperia Z3」の発売日が11月21日になることも告知されています。



「Xperia Z3」、11月21日発売 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

・関連記事
冬の2大スマホ対決、Xperia Z3とiPhone 6のカメラで夜景スポットを撮り比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z4」の詳細スペック流出、ついにソニーが発売サイクルを1年周期に変更か | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも分かっていないドコモ版Xperia Z3のロゴ配置、ソフトバンクはiPhone並みの待遇に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがモバイルの設備投資を大幅削減、生まれたキャッシュは海外に積極投資へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加