ブライアン・イーノが新アルバム「The Ship」を4月29日に発売、試聴も可能

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブライアン・イーノが新アルバムを発売することが発表されました。詳細は以下から。

アンビエント・ミュージックの始祖として世界的な知名度を誇り、デビッド・ボウイやキング・クリムゾンのロバート・フリップらとのコラボレーションでの作品制作を行ってきたブライアン・イーノ

PCを使う人にとってはあのWindows 95の起動音を作成した人としてもなじみ深いミュージシャンです。


そんなブライアン・イーノが新アルバム「The Ship」を4月29日に発売することが報じられました。トラックリストは以下の通り。02.(iii)はヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァーとなっています。

「The Ship」

01. The Ship
02. Fickle Sun
(i) Fickle Sun
(ii) The Hour Is Thin
(iii) I’m Set Free


1曲目のRhe Shipはこちらのサイトから試聴が可能。シンセサイザーの音の微粒子が真空を漂うかのような美しいアンビエント楽曲となっています。そしてインストゥルメンタルかと思いきや、イーノのヴォーカルが夢幻のごとく流れ込んでくる珠玉の1曲となっています。

The Ship」購入ページにはイーノによる文章が添えられています。イーノは人類が自らのはぐくんできた力への傲慢さと脅かされているという偏執の間で揺れ動いてきた、そしてその頂点に至った時、私たちは再び降りてこなくてはならない、私たちは受け取るに足るもしくは守り得る以上のものを持っており、だからこそ神経質になるのだと述べています。

イーノはそこで第一次世界大戦とタイタニック号の沈没を例に挙げて説明をしていますが、そこから先は作品の中で堪能してみてください。「I'm set free to find a new illusion」というアイロニーを私たちはこのアルバムの最後にどんな心地で聴くことになるのでしょうか?

現時点でプレオーダーが受け付けられており、自身のENOSHOPBLEEP、さらにはiTunesAmazonから注文できます。

アナログ、CD、WAV、MP3などで値段が違うので注意。CDにはコレクターズエディションもあります。

The Ship [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 紙ジャケット仕様 / 8Pブックレット / 国内盤] (BRC505)
BRIAN ENO ブライアン・イーノ
BEAT RECORDS / WARP RECORDS (2016-04-27)
売り上げランキング: 62,742

Ship
Ship
posted with amazlet at 16.03.31
Brian Eno
Warp Records (2016-04-29)
売り上げランキング: 74,590

・関連記事
クラフトワークやセックス・ピストルズらのドローンアンビエントリミックス映像が激ヤバすぎる! | BUZZAP!(バザップ!)

スティーブ・ライヒ「ピアノ・フェイズ」のアニメーション動画がミニマルにしてめくるめく幻惑 | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】デビッド・ボウイが1980年に初めて出演したテレビCMは日本の焼酎でした | BUZZAP!(バザップ!)

アドリア海の波と風が音楽を奏でる、クロアチアの全長70mに及ぶ「海のオルガン」 | BUZZAP!(バザップ!)

シンセサイザーもびっくりの宇宙的音響を奏でられるオリジナルのアコースティック楽器 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加